IO Data Device, Inc. (TSE:6916) Dividend Growth in Focus – Geneva Journal

I-O Data Device, Inc. (TSE:6916) currently has a 10 year dividend growth rate of -0.77495. This number is calculated using the geometric average which provides the typical value of dividend growth over the specified period using the product of their values. The geometric average is defined as the nth root of the product of n numbers. Solid dividend growth may be one sign of a healthy stock. Investors may be watching different time periods to assess dividend growth rates.

I-O Data Device, Inc. shares currently have an 8-year dividend growth rate of -0.82950, a 5 year of 0.00000, and a 3 year of 0.04886.

Key Ratios

I-O Data Device, Inc. (TSE:6916) presently has a current ratio of 2.54. The current ratio, also known as the working capital ratio, is a liquidity ratio that displays the proportion of current assets of a business relative to the current liabilities. The ratio is simply calculated by dividing current liabilities by current assets. The ratio may be used to provide an idea of the ability of a certain company to pay back its liabilities with assets. Typically, the higher the current ratio the better, as the company may be more capable of paying back its obligations.

There are many different tools to determine whether a company is profitable or not.  One of the most popular ratios is the “Return on Assets” (aka ROA).  This score indicates how profitable a company is relative to its total assets.  The Return on Assets for I-O Data Device, Inc. (TSE:6916) is 0.054911.  This number is calculated by dividing net income after tax by the company’s total assets.  A company that manages their assets well will have a higher return, while a company that manages their assets poorly will have a lower return.

The Leverage Ratio of I-O Data Device, Inc. (TSE:6916) is 0.006069.  Leverage ratio is the total debt of a company divided by total assets of the current and past year divided by two.  Companies take on debt to finance their day to day operations.  The leverage ratio can measure how much of a company’s capital comes from debt.  With this ratio, investors can better estimate how well a company will be able to pay their long and short term financial obligations.

The price to book ratio or market to book ratio for I-O Data Device, Inc. (TSE:6916) currently stands at 0.642844.  The ratio is calculated by dividing the stock price per share by the book value per share.  This ratio is used to determine how the market values the equity.  A ratio of under 1 typically indicates that the shares are undervalued.  A ratio over 1 indicates that the market is willing to pay more for the shares.  There are often many underlying factors that come into play with the Price to Book ratio so all additional metrics should be considered as well. 

FCF
Free Cash Flow or FCF, may be used to gauge the true profitability of a company. FCF measures the amount of cash a company generates after accounting for capital expenditures, and it may be a useful indicator for assessing financial performance. I-O Data Device, Inc. (TSE:6916)‘s FCF growth is presently at . This is calculated by subtracting FCF from the previous year from FCF this year, divided by FCF from last year. The company has an FCF score of . The FCF score is an indicator that is derived by combining free cash flow stability with free cash flow growth. In general, a higher FCF score value would signal high free cash flow growth.

The current FCF quality score is 0.547085. The free quality score assists with estimating free cash flow stability. FCF quality is calculated as the 12 ltm cash flow per share over the average of the cash flow numbers. With this number, a lower ratio is typically preferred. Looking a bit further, the company has an FCF yield of 0.000000, and a 5-year average FCF yield of -0.024880. The first is simply FCF divided by enterprise value, and the second is the five year average FCF divided by the current enterprise value.

SMA Cross
Technical traders and investors may be looking at the simple moving average 50/200 cross on shares of I-O Data Device, Inc. (TSE:6916). At the time of writing, the SMA 50/200 Cross value is 0.91369.

If the value is greater than one, the 50 day moving average is above the 200 day moving average, which may signal positive stock price momentum. A value less than one would indicate that the 50 day moving average is below the 200 day, which may indicate negative share price momentum.

Range
Investors often keep track of key stock price levels when doing equity research. Two standard levels are the 52-week high and 52-week low. Shares tend to come under increased scrutiny when approaching either of the two marks. After a recent check, the current stock price divided by the 52-week high for shares of I-O Data Device, Inc. (TSE:6916), gives us a value of 0.814000

中国人向けスマホ決済、千葉県内で続々導入 – 日本経済新聞

 中国人観光客向けのスマートフォン(スマホ)を使った決済サービスを千葉県内のホテルや飲食店、商業施設が相次いで取り入れている。中国でスマホ決済が急速に普及し、クレジットカードなど従来型の決済手段だけでは旺盛な中国人客の消費を取りこぼす恐れが出てきたからだ。訪日外国人客の消費額のうち4割を占める中国人客の需要を狙う。

 中国で一般的なスマホ決済はスマホ画面に表示されるQRコードやバーコードを店頭のタブ…

Forging into the Technicals on IO Data Device, Inc. (TSE:6916) as PI Reaches 0.94826 – Evergreen Caller

Separating the winners from the losers is a constant challenge for investors. Many focused investors may look to track stock momentum based on historical prices. I-O Data Device, Inc. (TSE:6916) currently has a 6 month price index of 0.94826. The six month price index is calculated by dividing the current share price by the share price six months ago. A ratio over one represents an increase in the stock price over the six month time frame. A ratio under one shows that the price has lowered over that defined time period.

Investing in the stock market can be highly unpredictable. Veteran investors may have spent many years studying the market. At some point along the way, many investors may have had to make some tough decisions. Making the tough stock portfolio decisions can seem like a daunting task, especially if some wrong calls have been made in the past. Investors who are able to quickly learn from previous mistakes may be much better situated if they are able to keep from repeating those mistakes. When just starting out, investors may want to go slow and steady in order to focus on the simpler investing ideas first. 

Traders might also be keeping an eye on the Piotroski Score or F-Score. The score is named after its developer Joseph Piotroski who created a ranking scale from 0-9 to help determine the financial strength of a company. I-O Data Device, Inc. (TSE:6916) currently has a Piotroski Score of 4. To arrive at this score, Piotroski gave one point for every piece of criteria met out of the nine considered.

Equity market investors have plenty of information available to them when making stock selections. One of the toughest parts of selecting stocks may be figuring out which data to pay attention to. There are always swirling headlines in today’s financial news media. While some information may be highly important, other information may be much less important. Knowing exactly what to look for when doing stock research may take a lot of time to master. Investors who are able to stay highly focused may find it much easier to spot opportunities in the market. Once the investor knows what to look for, the stock market puzzle may be a bit easier to start piecing together.

Investors may also be watching company stock volatility data. I-O Data Device, Inc. (TSE:6916)’s 12 month volatility is presently 27.082700. The 6 month volatility is 28.232800, and the 3 month is noted at 25.303000. Stock price volatility may be used to identify changes in market trends. When markets become very volatile, this may point to a change in investor sentiment. Watching volatility in combination with other technical indicators may help investors discover important trading information.

Diving in a bit further, we can take a quick look at the Q.i. (Liquidity) Value. I-O Data Device, Inc. (TSE:6916) has a present Q.i. value of 14.00000. This value ranks stocks using EBITDA yield, FCF yield, earnings yield and liquidity ratios. The Q.i. value may help spot companies that are undervalued. A larger value would represent low turnover and a higher chance of shares being mispriced. A lower value may indicate larger traded value meaning more sell-side analysts may cover the company leading to a smaller chance shares are priced improperly.

Investors may be trying to decide which way the stock market will shift over the next couple of quarters. Having a general idea based on research is one thing, but constantly trying to time the market may lead to negative portfolio performance. Of course, overall market downturns can be frustrating to everyone invested in shares. Being able to ride out the day to day volatility and make proper investing decisions based on solid stock examination, may help the investor secure profits down the line. Investors who spend too much time focusing on stocks that have already made a run may find themselves in a sticky situation if they get into the name to late. Just because a certain stock has been going up for a long time, it doesn’t mean that the momentum will be sustained into the future. Taking the time to find quality stocks instead of just looking at the hot stock of the day, may allow investors to keep thriving in the market.

Investors keeping an eye on shares of I-O Data Device, Inc. (TSE:6916) may be examining the company’s FCF or Free Cash Flow as well. FCF is a measure of the financial performance of a company. FCF is calculated by subtracting capital expenditures from operating cash flow. Currently, I-O Data Device, Inc. has an FCF score of . The FCF score is an indicator that is calculated by combining free cash flow stability with free cash flow growth. Typically, a higher FCF score value would indicate high free cash flow growth. The company currently has an FCF quality score of 0.547085. The free quality score helps estimate free cash flow stability. FCF quality is calculated as the 12 ltm cash flow per share over the average of the cash flow numbers. With this score, it is generally considered that the lower the ratio, the better.

Investors may be wondering what’s in store for the next couple of months in terms of the stock market. Bull markets are times when investors may be willing to take some liberties with stock picks. Risk management is typically on the minds of many investors. Investors trying to gain an advantage may be searching for the perfect balance and diversification to help ease the risk and give the portfolio a needed boost. With so many different stocks to study, it may take a while to hone in on the proper ones. Investors will also be closely following the next round of economic data. Investors may be on the lookout for the next major data announcement that either keeps the bulls in charge or ushers in the bears.

アザパなど自動運転技術を出展、東京・江東で展示会 – 日本経済新聞

 次世代の自動車技術を集めた展示会「オートモーティブワールド2018」が東京都江東区で17日から始まり、中部企業が自動運転技術などを出展した。技術開発支援のAZAPA(アザパ、名古屋市)はリコーと実証実験している自動運転車を展示した。

 アザパはリコーと秋田県仙北市で昨秋から自動運転の実証実験を進めている。独BMWの車…

Google、データさえあれば素人でもAIを構築できるサービスを展開 – PC Watch


PC Watch

Google、データさえあれば素人でもAIを構築できるサービスを展開
PC Watch
PC Watch. Watch Headline · クラウド Watch · PC Watch · デジカメ Watch · AKIBA PC Hotline! AV Watch · GAME Watch · ケータイ Watch · INTERNET Watch · 窓の杜 · 家電 Watch · Car Watch · トラベル Watch · Watch Video · ネタとぴ · シニアガイド · できるネット · GANREF · qufour

and more »

【car audio U-23】トヨタ マークX by リクロス 後編 – レスポンス

若きカーオーディオ愛好家たちにスポットをあて、カーオーディオのある暮らしをどう楽しんでいるのかを紹介している。今週は先週に引き続き、広島県在住の猪木雄太さんをクローズアップする。現在のシステムレイアウトの詳細等々をじっくりと紹介していく。

◆2台目のマイカーを手にして、オーディオシステムも新調!

前回の記事で紹介したように、猪木さんは高校を卒業後に手にしたマイカー“スズキ・ワゴンRスティングレー”で、カーオーディオに親しみ始めた。20歳になったころに初めてのスピーカー交換をして、その後、程なくしてデッドニングを施工し、併せてパワーアンプ付きのDSPを搭載。こうしてシステムアップの感動も早い段階で味わった。

そしてそこから約2年が経過したころに、猪木さんは2台目のマイカーに乗り換える。

「“ワゴンRスティングレー”のローンの残債が消えたころ、そろそろクルマを買い替えようかと考え始めました。ちょうど転職して、前と比べて給料が少し上がったこともあって。そうして手にしたのが、今の愛車である“トヨタ・マークX”です。

ちなみに、買い替えを思い立ったときには、次は何に乗ろうとか具体的には考えていませんでした。車種の検討を開始したのは、買い替えを決めた後です。冬になると雪が降ることも少なくないので、実用性で言えばSUVがいいかなとは思ったのですが…。

でもそのころにたまたま友達から、“マークX”っていいよねっていう話を聞いて、で、調べてみたら結構カッコ良かったんです。前の型の“マークX”はあまり好きではなかったのですが。燃費も悪くないし、走りそうだし、これはアリだなと思い始めて。

周りに、ミニバンやSUVに乗っている人が多くて、みんなと違うクルマにしたい気持ちもありました。あとはやっぱり、子どもの頃に父親の乗っていた“マークll”に憧れていましたし、セダン好きなんですよね、根が。最後は実用性を取るか乗りたいクルマに乗るかで迷って。結果、乗りたいクルマを選びました。

そして同時に、オーディオシステムも新調したんです」

◆念願の3ウェイに初挑戦! 一気に本格マルチアンプシステムを構築!

新車には、カーオーディオシステムを組むことが前提だったという。

「ホイールも換えていませんし、他は何もやっていないのですが、オーディオだけは良いものを積みたかったんです(笑)。

納車前に、新たなシステムについて池田さんに相談しました。友達の影響もあって、次は3ウェイに挑戦したいとも考えていて、まずはスピーカー選びから始めました。そうして薦めてもらったのが、“RSオーディオ”の『RSレベレーション165-3アクティブ』です。

調べるほどに興味も沸いてきて、すんなりとスピーカーはそれに決定しました。そして純正のメインユニットは残しつつ、ハードディスクタイプのメディアプレーヤーを導入することにして、単体プロセッサーには“フォーカル”の『FSP-8』を、パワーアンプには“カロッツェリア”の『PRS-D700』をチョイスしました。

“マークX”のシステムが完成して音を聴いて、感動しましたね。“ワゴンR”の音と比べて、めちゃくちゃキレイになっていて。初めてスピーカーを換えたとき以上のインパクトがありました。

でも満足度は、75%くらいです。サブウーファーが未装着ですし、いつかはパワーアンプも換えてみたいと思っています。ドアのスピーカーのアウター化にも興味があります。伸びシロがまだまだあるんです(笑)。でも段階を踏んで、じっくり取り組みたいですね。当分は今のままで楽しもうと思っています」

◆週末のドライブには音楽は欠かせない。友達からの評判も上々。

ところで猪木さんは、幼少のころから、クルマと同じくらいに音楽も好きだったとのことだ。

「3歳くらいのころには、“KinKi Kids”の曲が好きでしたね(笑)。小学生になると携帯MDプレーヤーを買ってもらって、いつも何らかの曲を聴いていました。中学に入る頃にはiPodを買って、家のパソコンでCDをリッピングしてiPodに入れて、学校の行き帰りに聴いていました。

聴く音楽はそのときどきで変わりましたが、最近は幅広く聴いています。洋楽ではヒップホップやロックを、J-POPは全般的に。アイドル系やアニソンも聴きます。

ドライブに音楽は欠かせません。1人のときでも大勢のときでも。大人数のときにはボリュームを絞り気味にしますが、小さい音でも心地良いんですよ。あと、音が良いと褒めてもらえてうれしいですね。もう自分のクルマには乗れないと言ってくれる友達もいます(笑)。

次は、まずはサブウーファーですね。そのときが来たらまた池田さんに相談して、良いものを薦めてもらおうと思っています。これまで池田さんのお薦めで期待を裏切られたものはないですから。全幅の信頼をおいています(笑)」

クルマ好きにして音楽好きである猪木さんは今、カーオーディオライフを十二分に満喫中だ。そしてこれからも、マイペースでシステムアップしながら、長く楽しんでいくに違いない。再会し、成長したサウンド聴かせてもらうのが、今から楽しみだ。

car audio newcomer! U-23 トヨタ マークX(オーナー:猪木雄太さん) byリクロス 後編

Nintendo Switch版「アーケードアーカイブス ダブルドラゴン」が登場 – GAME Watch


GAME Watch

Nintendo Switch版「アーケードアーカイブス ダブルドラゴン」が登場
GAME Watch
GAME Watch. Watch Headline · クラウド Watch · PC Watch · デジカメ Watch · AKIBA PC Hotline! AV Watch · GAME Watch · ケータイ Watch · INTERNET Watch · 窓の杜 · 家電 Watch · Car Watch · トラベル Watch · Watch Video · ネタとぴ · シニアガイド · できるネット · GANREF

日立、AJホールディングス2とアラクサラネットワークスの株式譲渡契約を締結 – 財経新聞

日立、AJホールディングス2とアラクサラネットワークスの株式譲渡契約を締結

プレスリリース発表元企業:Hitachi, Ltd.

TOKYO, Jan 17, 2018 – ( JCN Newswire ) – 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、日本電気株式会社(執行役員社長兼CEO:新野 隆/以下、NEC)との合弁会社であるアラクサラネットワークス株式会社(代表取締役社長:南川育穂/以下、アラクサラ)の普通株式について、日立が保有するすべて*1を、投資ファンドである日本産業パートナーズ株式会社(代表取締役社長:馬上 英実/以下、JIP)傘下の特別目的会社であるAJホールディングス2株式会社に譲渡する株式譲渡契約を締結しました。

アラクサラは、2004年10月の設立以来、日立とNECの技術を受け継ぎ、基幹系ルータおよびスイッチの開発から製造、販売、保守・サービスまで事業を展開し、通信事業者のIPネットワークをはじめ多くの企業の情報ライフラインを支えてきました。また、ネットワークの高信頼化など市場ニーズにあわせた機器開発の推進や、日立およびNECと連携したネットワークソリューションの提供により、事業拡大に取り組んできました。

今後、IoT活用のさらなる進展や、第5世代移動通信システム(5G)の実現により、高度化されたサービスが広く普及すると想定され、その基盤としてネットワークは、社会への影響力を増すとともに、高まるサイバーセキュリティのリスク対応としても重要な役割を担うと考えられます。

このような新しい潮流を受け、日立は、アラクサラがこれまでのビジネスで培ってきた技術力を生かし、特に市場ニーズが強い社会インフラ分野に向け、ネットワーク機器の開発、提供を積極的に推進するための施策について検討してきました。その結果、国内企業への資本投資、経営支援において実績豊富な投資ファンドであるJIP主導の下、より機動的で従来の枠組みを超えた事業運営を行い、中長期的な成長をめざすことが望ましいという結論に達しました。

アラクサラでは、継続した投資による技術革新など新たな挑戦を加速し、通信事業者や社会インフラ分野のお客さまに対して高信頼なネットワーク環境を提供するとともに、さらなる事業拡大をめざします。

なお、本株式譲渡による本年度の日立の連結業績に対する影響は軽微です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/01/0116a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

スポンサードリンク

スマホ向け新作アプリ「Vivid Real LIVE ドリフェス!R ~Cross Dream Tour~」,2018年春に配信決定。アイドルたちのライブがいつでも自宅で体験できる – 4Gamer.net

ニュース

 バンダイナムコエンターテインメントは本日(2018年1月17日),ナムコが共同で全国展開しているVRライブエンターテインメント「Vivid Real LIVE ドリフェス!R 〜Cross Dream Tour〜」が,自宅で楽しめるスマホ向けアプリ2018年春に配信すると発表した。

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

 「Vivid Real LIVE ドリフェス!R 〜Cross Dream Tour〜」は,全国各地のナムコの施設で展開中のアイドルたちのライブパフォーマンスがVRで体験できるVRライブエンターテインメントだ。ライブ中に好きなアイドルに熱い視線(エール)を送り続けると,アイドルたちがプレイヤーに気づいたり,ステージ上で自分だけの“スペシャルアピール”がもらえたり,特別な体験ができるという。

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD iOS / Android
Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.KFiOS / Android

 そんな「Vivid Real LIVE」の“DearDream公演”“KUROFUNE公演”が,それぞれ2018年春にスマホアプリで登場する。あわせて事前登録サイトにて,事前登録の受付がスタートした。さらに,「ドリフェス!R」iOS / Android)の公式サイトにてアイドルたちのシチュエーションアピールの一部を体験できる「シチュアピ体験キャンペーン」が実施されている。キャンペーンは,2月25日まで行われるという。

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


アイドルに “想いが届く” VRライブエンターテインメント
App Store・Google Play向けアプリケーション
「Vivid Real LIVE ドリフェス!R 〜Cross Dream Tour〜」
配信決定 および アプリ体験キャンペーン実施中!
〜想いを届けて!自分だけの胸キュン体験!!〜

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、2017年10月より株式会社ナムコと共同で全国展開している 【アイドルに ”想いが届く” VRライブエンターテインメント 「Vivid Real LIVE ドリフェス!R 〜Cross Dream Tour〜」】 を自宅でも体験したいというご要望にお応えし、App Store・Google Play向けアプリケーションとして配信することを決定しました。また、事前登録およびアプリ体験キャンペーンを開始したこともお知らせします。

■2018年春 スマートフォンアプリ配信決定!!

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

『ドリフェス!R』 公式ホームページ
http://www.dream-fes.com/

自宅で存分に〜想いを届けて!自分だけの胸キュン体験!!〜
「DearDream公演」と「KUROFUNE公演」のそれぞれのアプリを配信!!

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD
Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD
Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD
Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

■事前登録開始!!
事前登録サイトにてそれぞれ事前登録をすると、アプリ配信のお知らせを受取ることができます。配信情報を逃さずキャッチしよう!

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

「Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD」 事前登録
URL:https://prereg.bn-ent.net/common/serial.php?app=dfrdd

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

「Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.KF」 事前登録
URL:https://prereg.bn-ent.net/common/serial.php?app=dfrkf

■アプリ体験ができる『シチュアピ体験キャンペーン』実施中!
配信決定を記念して、大好評である各アイドル達のシチュエーションアピール(シチュアピ)の一部を皆様のスマートフォンで一足先に体験できる『シチュアピ体験キャンペーン』を実施中です。

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

(1)『ドリフェス!R』公式ホームページページ上部の

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

「カメラ起動」ボタンを押すとカメラが起動
※必ずスマートフォンでアクセスしてください。

(2)クロスドリームツアーのイラストから、好きなアイドルを撮影すると、撮影したアイドルのVR動画が再生!

キャンペーン期間:1月17日〜2月25日

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

※イラストを使用したクロスドリームツアーのグッズでも体験可能です!
お手持ちのグッズでも是非お試しください !!

※スマートフォン用VRゴーグルがなくても視聴することが可能ですが
お持ちいただくとより楽しむことができます。

※『ドリフェス!R』 公式ホームページ(http://www.dream-fes.com/

注意事項
・キャンペーン期間や内容は、予告なく変更になる場合がございます。
・キャンペーンで体験できるシチュアピ動画は、一部分のシチュエーション映像になります。
※スマートフォンアプリでは、すべてのシチュアピをお楽しみいただくことができます。

「Vivid Real LIVE ドリフェス!R 〜Cross Dream Tour〜」 とは?

■VR空間上のライブに参加し、アイドルにエールを送る(見つめる)ことでアピ―ルをもらえる 【アイドルに ”想いが届く“VRライブエンターテインメント】です。

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

アイドル達のライブをステージ最前列で楽しめる!

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD
Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

ライブ中に好きなアイドルに熱い視線(エール)を
送り続けると、貴方に気づいてくれたり
ステージの上から貴方だけに送られる
「スペシャルアピール」がもらえちゃうかも!?

■推しアイドルを選択して、特別なドリアピとシチュアピを間近で受けることができます。

ドリアピ!

おなじみの各アイドル選りすぐり ドリアピが貴方の目の前で披露!
Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

シチュアピ!

各アイドル渾身のシチュエーションアピール を貴方の目の前で披露!
Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

全国主要都市のナムコの施設にてツアー公演中!

Vivid Real LIVE ドリフェス!R Cross Dream Tour feat.DD

詳しくは『Vivid Real LIVE ドリフェス!R 〜Cross Dream Tour〜』 公式ホームページにて!
http://www.namco.co.jp/cafe_and_bar/anionstation/special/dream-fes/

ようじボーガン・小型投石器、危険な玩具がネットに – 日本経済新聞

 人に危害を加えかねない危険な玩具が、インターネット上で出回っている。弓矢のような玩具「つまようじボーガン」を顔に突き刺した男らが逮捕されたほか、ネット上では電気が流れるペンで感電する過激な動画などが流れる。国内では危険な玩具の購入や所持には法的な規制はなく、ネット販売に歯止めをかけるのは難しいのが現状だ。専門家は流通を防ぐ仕組みの必要性を訴えている。

 「つまようじボーガンをインターネットの通販で…