バッファロー吾郎・竹若、ニブンノゴ!・宮地、セブンbyセブンも芸人講師として参加! インターンシップ『よしもと冒険』「THE EMPTY STAGEコース 2019」最終日レポート – エキサイトニュース



今年で4年目を迎えた吉本興業インターンシップ『よしもと冒険』。今年も「THE EMPTY STAGEコース」(計5日間)と「ソーシャルメディアコース」(計3日間)の2コースが開催され、多くの学生たちがさまざまな体験をしました。ここでは8月22日(火)~25日(金)と31日(木)に開催された「THE EMPTY STAGEコース」の最終日の課題発表会をレポートします。

THE EMPTY STAGE」とは、アメリカ・シカゴを拠点とした即興コメディ集団「The Second City(セカンドシティ)」のメソッドを用いて新しいライブコンテンツを開発するというプロジェクト。毎年さまざまな劇場で、バラエティに富んだ公演を開催しています。

最終日までの間に、参加者15名は座学や「THE EMPTY STAGE in GINZA 2017サマー」現場研修&公演鑑賞、芸人講師によるワークショップを体験し、最終日の課題発表に向けてグループワークに取り組みました。課題発表のプレゼンでは、これまで学んだことを生かしながら『「THE EMPTY STAGE」を日本最高のお笑いコンテンツに発展させるための革新的プラン』をテーマに、ニブンノゴ!・宮地やセブンbyセブンらも見守るなか、3人×5組が制限時間5分でそれぞれのプランを発表しました。

まずはチーム①の発表から。チーム①のプランは、「THE EMPTY STAGE」の知名度を上げる方法として、海外のカーニバルをイメージした「THE EMPTY CARNIVAL」の開催を提案する、というもの。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す