ビル・ゲイツ氏のマイクロソフト、スマホ敗北宣言? – 日刊スポーツ



 米マイクロソフト(MS)創業者のビル・ゲイツ氏は27日までに米FOXニュースのインタビューに応じ、個人用に使っているスマートフォンに搭載されている基本ソフト(OS)は米グーグルの「アンドロイド」だと“告白”した。MSがスマホ市場でグーグルや米アップルに負けを認めたとも取れる発言だ。

 MSは2014年にフィンランドのノキアから携帯電話事業を買収し、自社ブランドのスマホを展開したが、アンドロイド端末とアップルのiPhone(アイフォーン)の牙城を崩せず、昨年までに販売を終了していた。

 一方で、ゲイツ氏は生前ライバル関係だったアップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏について「天才だった」と振り返ったものの、ジョブズ氏が生み出したアイフォーンへの乗り換えは否定した。

 MSは、スマホメーカーに法人利用を想定したモバイル端末の技術支援などを続ける一方で、自社ソフトやサービスと他社製スマホの連携を強化している。ゲイツ氏は「(アンドロイドスマホに)たくさんのMSのソフトが搭載されている」と説明した。(共同)





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す