レコードVで締めくくり 今季4勝のテレサ・ルー、来季への課題は? – パーゴルフ



<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 最終日◇26日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>

結局最後まで新鋭ショットメーカーに並ばせなかった。「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」最終日、首位から出たテレサ・ルー(台湾)が追いすがるイ ミニョン(韓国)を振り切り今季4勝目。メジャー制覇で「素晴らしい年だった」と2017年シーズンを締めくくった。

盤石の戦いっぷりだった。「今日はあまり良くなかったけど、大きなミスもなかった。地味な1日でしたね」というように序盤はパーを並べる静かな立ち上がり。2打差から追いかけるミニョンが4番で先にバーディを奪っても冷静さを失わない。

勝負が動いたのが6番。ミニョンがティショットを左の林に入れてモタモタしている間に自身は5mのバーディチャンス。相手がボギーを叩く中、このパットをねじ込み一気に3打差に。その後も「インコースは難しいし、彼女は安定しているので安心感は無かった。最後まで頑張らないと追いつかれると思った」と最後まで手綱を緩めず。トータル15アンダーまで伸ばし、トーナメントレコードでメジャー通算4勝目を挙げた。

今年1年を振り返り「4勝できて満足」という一方で「自分の目標にはまだまだ」とテレサ。「1年を通じての安定感がないですね。波が激しい。もうちょっと安定すれば、賞金ランクももっと上に行けると思う」

その為の課題も明確。「良い成績を出したいと焦ってしまう、イライラしてしまうのが好不調が激しい原因。あとは怪我もあった。このオフで筋肉をつけて怪我をしにくい体を作りたいと思います」。目指す先にあるのがツアー制施行後未だ誰も成しえていない“平均ストローク60台”。今週の4日間のようなスキのないゴルフができれば、この数字も現実味を帯びてくる。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・祝・女王戴冠!鈴木愛の1年をコメントで振り返る
・イ・ボミ&上田桃子がエール!歴代クイーンが語る“新女王”鈴木愛
・キム・ハヌルは2か国目の賞金女王になれず「来年こそなりたい!」
・イ・ボミ越え!?脅威のルーキー・ミニョン、すでに来季に向けて始動!
・史上初の最終戦でシード逆転ならず 大山志保がラスト1枠に踏みとどまる




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す