キヤノン、ニコンがまさかの結果…「初心者用一眼レフ」ランキング6選 – エキサイトニュース



[1位]多機能で高画質
中級機並みの性能を誇ります

ペンタックス
K-70
購入価格:6万4644円(ボディ)
サイズ・質量・W125.5×H93×D74mm・約688g
撮像素子・APS-C
有効画素数・2424万画素
連写・約6コマ/秒
最高ISO感度・102400
モニター・3型

画質:18点
独自の解像技術で高精細撮影

機能性:20点
防塵・防滴の耐久性でさまざまなフィールドで活躍

AF:16点
同社初のハイブリッドAF方式。ピント合わせは早い

操作性:17点
上位機に近い操作部でハイアマチュアでも親しめる

ファインダー:20点
ファインダーの見え方は、もやは中級機並

注目はペンタプリズム採用で視野率約100%のファインダーを搭載しているところ。くっきりとクリアーなファインダーの見え方は撮影していて気持ちがいいです。ペンタックスならではの他社との差別化がここに見られます。

一方で重量があり、やや大ぶりのデザインだけに気軽さよりはガッツリ撮影に専念するツールとしての印象があります。また、一昔前の同社一眼レフに比べてボタン類の配置もよく押しやすい印象です。質量に目をつぶれば、非常にコストパフォーマンスがモデルだといえます。

高解像による細密な風景や星景撮影、高耐久ボディでさまざまなフィールドでの撮影に活用できます。

[2位]より本格的な撮影ができる
「2台目」にピッタリの一台

キヤノン
EOS 9000D
購入価格:12万256円(ボディ)
サイズ・質量:W131×H99.9×D76.2mm・約540g
撮像素子:APS-C
有効画素数:約2420万画素
連写:約4.5コマ/秒(追従)
最高ISO感度:25600
モニター:3型

画質:18点
2400万画素超と最新映像エンジンで高精細を実現

機能性:18点
フルHDによるEOSムービーはプロの現場でも活躍

AF:18点
45点測距と8種類のAFパターンで被写体を捉える

操作性:18点
中級機種に近い操作部でハイアマチュアでも親しめる

ファインダー:16点
Kissシリーズと同様。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す