三菱電機、「CES2018」に出展 – MOTOR CARS



スマートモビリティー時代の安心・安全・快適なクルマ社会を提案

三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柵山 正樹)は、2018年1月9日から1月12日まで米国ネバダ州・ラスベガス市で開催される「Consumer Electronics Show 2018」に出展する。

同社は出展にあたってスマートモビリティー時代の安心・安全・快適なクルマ社会に向け「Make the move to mobility」をテーマに、コンセプトカー「EMIRAI4(イーミライフォー)」をはじめ、各種先進技術と製品を紹介する。

なお出展ブースは、ラスベガス・コンベンション・センター North Hallの小間番号5609となる。その出展概要は以下の通り。

<コネクテッド関連>
次世代の運転支援技術を搭載したコンセプトカー「EMIRAI4」を紹介
・最新のHMI(ヒューマンマシンインターフェース)技術を搭載し、安心・安全・快適なコックピットを実現。

・広角カメラ型ドライバーモニタリングシステムにより安全運転を支援。

・ライティング技術により人と車のコミュニケーションを実現し北米市場向け実車体験型デモカーを紹介。

・声による個人認証や助手席用のHMI技術搭載により人と車がつながる社会を提案。

・ドローンの活用により、オフロードなどの見通しの悪い環境下での車が向かう先の道路状況を確認し、安心・安全な運転コンセプトを提案。

HERE Technologies(本社:オランダ アムステルダム)と共同検討中の高精度位置情報サービスの一例を映像で紹介
・三菱電機と HERE 社は、両社が培ってきた高精度地図およびクラウド位置情報サービスと高精度測位技術を融合し、予防安全や自動運転の分野でユーザーがより利用しやすくメリットがある新たなサービスの共同普及を目指す。

1.クラウド上の「Open Location Platform」と高精度で自車位置を把握できる「高精度ロケータ」を組み合わせ、リアルタイムかつ高精度な位置特定による事故発生時や渋滞発生時のスムーズな推奨レーン案内の実現を目指す。

2.「高精度ロケータ」により取得する車の走行情報を高精度地図のメンテナンスに活用し、ユーザーがより最新の高精度地図を容易に使えることを目指す。
さらに両社は、車載分野以外の様々な領域においてもユーザーが高精度位置情報サービスを利用しやすくなることを目指し、協力を進めていく。

<自動運転関連>
・北米で実証実験中の自動運転技術搭載車「xAUTO-US(エックスオートユーエス)」を紹介。

・自律型走行技術とインフラ型走行技術を組み合わせた公道での自動運転実証の走行映像を紹介。

・高精度3次元地図関連の各種技術や製品を展示。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す