IoTのパナソニックとTVのシャープ、両社に見るCEATECのゆくえ – エキサイトニュース



●1社に閉じた家電からオープンへ、パナソニックが目指す未来

10月3日~6日までの4日間に渡って開催されたCEATEC JAPAN 2017は、展示会のコンセプトを「CPS/IoTの総合展示会」に変更して2回目だった。異業種企業を含めた新たな出展社が増加し、来場者の客層が変化。CEATEC JAPANそのものの変容を印象づけた。

CEATEC JAPANの主力は、大手電機メーカー各社の展示だが、今年のCEATEC JAPAN 2017では彼らの展示内容にも変化が見られた。その最たる例がパナソニック。というのも、今年のパナソニックブースの特徴は、薄型テレビを1台も展示しなかったからだ。

○パナソニックが期待する「オープンイノベーション」

家電見本市、いわゆる「最先端ITエレクトロニクスの総合展示会」時代は、当然ながらテレビの展示が主役だった。もちろん、パナソニックがテレビを展示しないCEATEC JAPANなどは考えられなかったわけだ。しかし、「CPS/IoTの総合展示会」となったCEATEC JAPANには、テレビの展示は不要であるという判断が、同社には働いたようだ。

方向性が変わったその展示の中身は、新たに発表したB2B向けIoTサービス「μSockets」を活用したソリューション展示のほか、RFIDプロトコルを利用して端末への給電と通信を同時に行うマイクロ無線給電、幼児向けソーシャルロボット「cocotto」、温度・湿度などの計測が可能なデバイスを衣服に縫い付けることができるウェアラブルメーカーパッチ、カロリー/栄養素チェッカー「CaloRieco」、顔を撮影した静止画上で、本物のメイクをするかのように自由にデザインができる「メイクアップデザインツール」など。

さらに、2種類のカメラと画像処理技術により非接触で人の感情、眠気、温冷感を推定する「感情・体調センシング」や、独自レーザスキャン技術によって周囲にある物体までの距離と方向を広範囲に計測できる「三次元距離センサ 3D LiDAR(ライダー)」といったように、製品化時期が明確ではなかったり、他社との協業によって利用範囲が拡大すると想定される技術が中心となった。

加えて、ブースの「メインステージ」においても変化が見られた。例年であれば女性コンパニオンがステージに立ち、最新製品・技術を大々的に紹介する演出が行われている。これは、過去のCEATEC JAPANで多くの大手電機メーカーが行ってきた展示手法だ。

だが今年のパナソニックブースは、メインステージとなる部分を「Open Innovation Lab」と呼ぶステージに変え、パネルディスカッションやセミナーなどを毎日4回、テーマを変えて実施した。派手な演出がなく、地味な印象を与えることは否めない。しかしパナソニックは、ブースのど真ん中にこれを設置することで、「来場者との対話を通してオープンイノベーションの創出を目指す」という内容に変えたのだ。

実際、パナソニックブースを視察した同社 代表取締役社長の津賀 一宏氏は、「今までのように、パナソニックが正しいと思ったものに対して、時間と金をかけるというやり方はリスクが高い。いかにオープンに手を握り、リスク分散をするかが大切である。パナソニックは社内外とクロスバリューイノベーションというスローガンのもとで、オープンなバリューのチェーンを作るということを中核にしている。Open Innovation Labは、それを形にしたものである」と語っていた。

一方で「家電の展示が無くなった」という声に対して「家電の定義の仕方次第だ」(津賀氏)と反論。製品ユーザーの暮らしに寄り添うものを”家電”と定義すれば、B2Bのようなパートナーシップで作る家電があってもいいと話す。

「サービスという形で、機器を売り切りしないビジネスモデルで作る新しいジャンルがあってもいい。いずれも、暮らしに密着し、お役立ちをするという点では何も変わらない。その点では、パナソニックの考え方には変化がない」(津賀氏)

これまでのパナソニックと同じ展示を期待して訪れた来場者にとっては、従来型家電が用意されていないブースに「期待外れだった」という印象を抱いたかもしれない。しかしパナソニックは、「CPS/IoTの総合展示会」という観点にあわせる形で、新たな展示内容に踏み出したともいえる。

これは、2013年1月に米ラスベガスで開催されたCES 2013でパナソニックブースがB2B中心へとシフトし、来場者を驚かせた時のインパクトに近い。これはB2C中心だったCESが、B2Bを視野に入れた展示会へと踏み出すきっかけになったのは間違いない。

●従来型展示で多くの来場者の関心を集めたシャープ
これに対して、従来型の展示内容を踏襲したのがシャープであった。まさにパナソニックとは対照的な展示内容であったといえる。

シャープは中央部に「事業ビジョンステージ」を配置。70型ディスプレイを16台使用して、8K相当の解像度を実現したマルチディスプレイによるステージを用意した。印象的な映像、音楽と共に女性コンパニオンがナレーションを加え、同社の事業ビジョンを紹介してみせた。

また、IoTによって各種家電製品を接続し、快適なライフスタイルを実現するデモストレーションを行う「AIoT ワールドステージ」と、超高精細8K映像技術をコアに新たなビジネスの広がりを模索する「8K ワールドステージ」をそれぞれ設け、ここでも女性コンパニオンが、内容をストーリー仕立てで紹介した。

展示内容は、AIoT関連商品や各種「COCORO+」サービスの具体的な連携、発表したばかりの料理キット宅配サービスの「ヘルシオデリ」、CEATEC JAPANでは常に人気者となる「ロボホン」、AIoT対応液晶テレビ「AQUOS」の新製品や8K対応テレビなど、すでに入手できたり、近々購入できるものが中心となっていた。

もちろん、IGZO技術を活用したSuper Wide Displayや円形ディスプレイを搭載したDriving Assistantのほか、耳にかけるだけで咀嚼回数やスピードなどを計測し、正しい噛み方を提案する新たなヘルスケアツール「bitescan(バイトスキャン)」、最終糖化産物であるAGEs(エージーイー)の蓄積レベルを簡単に測定できる「AGEsセンサ」など、近い将来に商品化するものも展示されたが、それらが前面にあるわけではなかった。

こうした「期待通りの展示内容」を実現してみせたシャープのブースは、例年通りの終日黒山の人だかりという状況だったようだ。今後、パナソニック型の展示が増えるのか、シャープ型の展示が継続されるのか、出展社にとって、来場者にとって、そして、主催者にとっても注目すべき動向だといえそうだ。

○来場者が求める”シャープ型”、一方で差別化には”パナ型”が重要に

もし、パナソニック型の展示が増加するのであれば、出展する企業の業種の幅は今後広がりをみせるだろう。そしてCEATEC JAPANを一度離れたソニーや日立製作所といった企業が、この変化に気が付けば、再出展するという可能性もありそうだ。奇しくも、彼らもB2Bソリューションの拡充を進めているプレイヤーであるからだ。

しかし、シャープ型の展示がこれからもCEATEC JAPANの主力になるというのであれば、主催者はCESやIFAという海外の大規模展示会との競合を見据えながら、その方向性を改めて検討し直す必要がある。実際、今年のブースの盛り上がりを見れば、パナソニックブースよりも、シャープブースの方が確実に盛り上がっていた印象を受ける。あくまで「来場者ウケ」という視点では、理解しやすいシャープ型展示が求められているという結論に至る。

昨日の記事でも触れたように、2年目を迎えた「CPS/IoTの総合展示会」としてのCEATEC JAPANはまだまだ過渡期と言える。CEATEC JAPAN実施協議会では、「来年は、より幅広い業種、業界の参画を促し、『つながる社会、共創する未来』の具現化と実現に向けて、さらなる変革を加速する」と語る。

主催者側は明確にしていないが、CPS/IoTの総合展示会を継続するのではあれば、今後は、パナソニック型の展示内容を増やすように働きかけていくことが見込まれる。それこそが国内外の展示会と差別化できる要素であり、CEATEC JAPANが生き残る道として考えている様子が伺えるからだ。

CEATEC JAPAN 2018は、2018年10月16日~19日の4日間、千葉県幕張の幕張メッセで開催される予定だ。出展各社は、今年の成果をどう評価するのか。そして今回出展した異業種企業やこれまで出展していなかった企業、そして出展をやめた企業が今回のCEATECに対してどんな評価を行い、どんな印象を持ったのか。その結果が、来年のCEATEC JAPANの姿になるはずだ。3年目を迎える新生CEATEC JAPANに向けた動きはもう、始まっている。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す