似合うメイクをデジタルでお試し、パナの化粧ツール – 日経テクノロジーオンライン



この記事は日経エレクトロニクス購読者/日経ものづくり購読者/日経Automotive購読者/日経テクノロジーオンライン有料会員限定ですが、
2017年10月06日までは特別に誰でも閲覧できるようにしています。

 メイクアップアーティストがタブレット端末にペンを滑らせると、女性の頬が紅で染まった――。パナソニックは、メイクをデジタル化する「メイクアップデザインツール」を「CEATEC JAPAN 2017」(2017年10月3~6日、幕張メッセ)で参考出展した。開発したソフトウエアにタブレット端末とタッチペン、Webカメラを組み合わせて、顔写真に仮想的にメイクができる。

パナソニックが展示した「メイクアップデザインツール」。写真は頬に薄くチークを乗せている様子

[画像のクリックで拡大表示]

 ブースでは、筆圧検知機能付きのタブレット端末とタッチペン、Webカメラを組み合わせたシステムを展示した。Webカメラで撮影した顔写真をツールに取り込んで、「アイシャドウ」「マスカラ」「リップ」「チーク」など化粧品の種類ごとに描画できる。対象者の骨格や顔のパーツ、肌の色味などを確認しながら、化粧品の色や乗せる濃さを細かく調節できるので、実際に筆やパフでメイクをしているような感覚で利用できるという。完成したメイクのデータを使って、カメラで顔を映した映像にリアルタイムにメイクを重ねて表示することも可能である。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

完成したメイクのデータを、顔認識を用いて顔の映像に重ねて表示することも可能。目を閉じたり微笑んだりしたときのメイクを仮想的に確認できる

 化粧品メーカーと組んで実際の商品の色味を再現するパレットを用意し、百貨店の美容カウンターなどへの設置を想定する。様々な色の化粧品を試したり、メイクを簡単にやり直したりできるため、実際に顔にメイクをするよりも手軽に商品を提案できるという。「実際にメイクして商品を試す場合、消費者がたくさんの色を試すのに躊躇してしまったり、なりたいイメージをうまく伝えられなかったりするという課題を解決するコミュニケーションツールとして使える」(開発を担当したパナソニック イノベーション推進部門 全社CTO室 技術戦略部 事業創出推進2課 主任技師の石田千枝氏)。化粧品ごとのリアルな書き味にこだわっており、美容専門学校でのトレーニングにも活用できるとみる。

ブースでは、立候補した男性も変身していた

[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2015年、2016年開催のCEATECでも、顔認識で体調チェックやメイクの提案ができる「インタラクティブミラー」、認識したシミを隠すように化粧品を印刷して肌に貼れる「メイクアップシート」などメイク関連のデモを展示している(関連記事:「印刷して肌に貼る、オーダーメイドのシミ隠しシート」)。今回出展したツールは、これらの技術と同時並行で開発してきた。ツールの製品化は2018年度中を目指す。アプリケーションソフトウエア単体や、タブレット端末とペン、カメラも含むセットなど、幅広い形態で提供する考え。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す