ソニー「α6500」と迷路のようなレンズ沼 – 日経トレンディネット



 なんだか、すごく悩ましいんである。スッコーンと抜けきる秋空のような爽やかさとは正反対の、どこか淀んだ気持ちを引きずりながら関係を構築してしまったせいだろうか。あの日から、私はずーっと悩み続けている。どうすりゃコイツとうまくやっていけるのだろうか、と。

 そう。そもそもスタートからして純粋な気持ちじゃなかった。α9を使ってみて、今ひとつしっくりこなかったことから、同機の早急な購入は見送ると同時に「ヘヘッ、ボクはコッチでいいもんね~」とばかりにα6500の購入に踏み切ったのである。ああ汚らわしい(笑)。でも、それは想定できない流れではなかった。

 なぜなら私には、α6000は所有していたけれどナゼかα6300には興味を引かれなかったという実績(?)があるからだ。これは、α6500の登場を知ったときの「被害感情」がほぼ皆無であったことを評価しての“実績”なのだが、あのとき命拾いしたお礼はどこかでしなくてはならないと思っていた。それが今回、イヤミ半分にも見える「α6500の購入」というカタチであらわれたのである。我ながら、なんかヤな感じ(笑)。 

ソニーのAPS-Cミラーレス一眼「α6500」。ボディー単体モデルの実勢価格は13万5000円前後。キットモデルは用意しない

[画像のクリックで拡大表示]

スリムなボディーにマッチするレンズがない!

 α6500を実際に所有してみて、まずは普通に良いカメラであることはわかった。でも、何とはなしに物足りなさも感じ続けている。もっとも引っかかるのは、その「ならでは」なデザインのボディーに似合うレンズがほぼないに等しいところ。そんなこと、NEX-5とNEX-7を所有していた過去をも持つ身には基本中の基本、最初にNEX-5を手に入れたときから身に染みていたハズの“弱点”なのだが、最新のα6000シリーズを手に入れたことであらためて膝かっくん…じゃないや、膝ガックリ状態に陥っているのである。

 とりわけ、APS-C用のEマウントレンズラインアップには物足りなさが山積みだ。といって、フルサイズ用のレンズは、ラインアップと描写性能には文句はないものの、α6500のボディーにはいかんせんデカすぎる。普段使いにはどのレンズを装着しておけば良いのか。

 「NEX-5にお似合いなのはボディーキャップだね!」

 当時さんざん口にしていた、ジョークとも皮肉ともつかぬ言葉がそのまま通用しちゃう状況が現在も継続しているのだ。

 α6000を購入したときにコンビを組んでいた「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」が手元にあるので、α6500はボディーのみの購入だった。が、上記の悩みに襲われたため、ほどなくレンズを追加購入するハメに。まんまとハメられている気がしないでもない。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す