教諭の盗撮を隠蔽疑い 中学校長ら書類送検 埼玉 – 産経ニュース



 埼玉県警は23日、勤務先の中学校で女子生徒を盗撮した男性教諭(45)に動画を消去させ、警察に届け出なかったとして、犯人隠避と証拠隠滅の疑いで、いずれも当時の男性校長(59)=同県飯能市=と男性教頭(54)=同県入間市=を書類送検した。

 県警によると、教諭は校長からデジタルカメラを没収された後も別のカメラで盗撮を続けたとみられ、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕されたが不起訴となった。

 書類送検容疑は昨年5月27日、入間市立中の校長室で、教諭が盗撮した女子児童の着替えの動画を消させ、警察に届けなかったとしている。

 いずれも容疑を認め、校長は「教諭に辞められると学校が持たなくなると思った」、教頭は「校長に安易に同調してしまった」と供述している。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す