加賀産業が高精度測定システム導入 – 中部経済新聞



更新日:2017年 11月10日 (金)

 航空機部品メーカーの加賀産業(本社名古屋市昭和区白金、溝口治社長、電話052・241・7131)は、大型構造物を専用デジタルカメラで撮影することで、高精度な測定ができるシステムを導入した。3次元CAD「CATIA(キャティア)」のデータと照合することで、設計どおりに出来上がっているかどうかを短時間で確認できる。投資額は2500万円。大型航空機部品の測定を容易にし、作業効率の改善につなげる。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す