歯科医師が別荘で児童買春、現金渡しカメラで裸撮影 – 日刊スポーツ



 別荘として使っていたマンション一室で中学3年の女子生徒(15)とみだらな行為をしたなどとして、神奈川県警は12日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで横浜市港南区日野南、歯科医師小笠易則(やすのり)容疑者(57)を逮捕した。

 逮捕容疑は10月29日と11月12日、同県藤沢市片瀬海岸2丁目のマンションで、女子生徒に現金計11万円を渡す約束をしてみだらな行為をし、デジタルカメラで裸を撮影した疑い。

 県警によると、11月中旬に別の同種事件でこの藤沢市のマンションを捜索した際、デジカメの画像を見つけた。2人は会員制交流サイト(SNS)で知り合ったという。(共同)





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す