ねこじゃらし“レーザーポインター”でペットと遊べるワイヤレスカメラ「PAWBO+」




ねこじゃらし“レーザーポインター”でペットと遊べるワイヤレスカメラ「PAWBO+」

2017年4月4日 15:00掲載

日本エイサーは、同社初となる、スマートフォンやタブレットPCで操作するワイヤレスプレイカメラ「PAWBO+」を発表。4月4日より、AmazonとAcer Direct楽天市場で予約受付を開始し、4月11日より発売開始する。

専用アプリ「Pawbo Life」(iOS、Android向け)で操作し、離れた場所からペットに話しかけたり、おやつをあげたり、遊んであげることができるネットワークカメラ。最大8台の端末の同時接続が可能となっており、離れて暮らす家族や親戚みんなと一緒にペットとコミュニケーションできる。

性能面では、HD(1280×720ドット)の高画質の写真と動画を撮影可能。撮影したデータは、すぐにSNSへ投稿ができる。また、広角レンズを採用し、部屋の中で遊びまわるペットをしっかり撮影できる。なお、動画の保存には、DropboxまたはGoogle Driveのアカウントが必要となる。さらに、マイクとスピーカーを搭載し、ペットの声を聞くことも、こちらの声を聞かせることもできる。

機能面では、おやつディスペンサーを備えており、本体内におやつを9回分ストックしておける。おやつは、専用アプリ「Pawbo Life」のおやつボタンをタップするとコロコロと出てくるため、外にいながら話しかけておやつを与えられる。おやつトレイは清掃が簡単な取り外しタイプだ。

また、ねこじゃらしレーザーも搭載。手動と自動の2種類の方法でレーザーポインターの操作ができるため、留守番中の猫と遊ぶことも可能だ。このほか、ペットの犬や猫のしつけにも役立つ効果音を搭載。小鳥のさえずり、ねこ(3パターン)、ポリオレフィン袋(レジ袋)、ねずみの6種類の効果音を、スマートフォンを使って鳴らすことができる。

主な仕様は、センサーが 1/4型CMOSセンサー、焦点距離が2.8 mm、最大開口がF2.0、視野角が130度。本体サイズは112(幅)×200(高さ)×112(奥行)mmで、重量は455g。

通常価格は29,800円。なお、2017年4月4日〜4月10日まで、PAWBO+の先行予約販売キャンペーンを実施する。キャンペーン期間中、AmazonとAcer Direct楽天市場店特別価格として、19,800円で販売する。

■関連リンク

製品情報




関連コンテンツ

ネットワークカメラ・防犯カメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す