有機ELテレビやAmazon&Google対応と盛りだくさんのパナソニックプレスカンファレンス – ニコニコニュース



【元記事をASCII.jpで読む】

 パナソニックは現地時間1月8日、米国・ラスベガスにて「CES 2018」の開幕に先駆けてプレスカンファレンスを開催した。

 今年、創業100周年を迎えるパナソニックがテーマととして掲げたのは「Combining Digital and Physical Worlds」(デジタルの世界とフィジカルの世界を結びつける)で、特に業務向けビジネスへの取り組みが目立った。

 「Connected World」では、Amazonとの協業を発表し車載システムに「Amazon Alexa」を組み込んだシステムを提供する。

有機ELテレビやBDプレーヤーはHDR新規格に対応

 コンシューマー向けのAV製品としては、4K有機ELテレビの欧州向けモデルとして「FZ950」「FZ850」の2シリーズを発表。

 ハリウッドでもプロダクションに導入され日本で現在発売中のEZ1000/950シリーズの後継にあたるシリーズで、新たに高画質回路の「HCX3プロセッサ」を採用し、3Dルックアップテーブルによる色再現の正確性を追及している。

 また、CESとタイミングを合わせて追加のリリースが発表された20世紀フォックス、パナソニック、サムスンの3社によるHDR10にメタデータを付与する拡張規格「HDR10+」技術にも対応している。

 「FZ950」のスピーカーには引き続き「Tuned by Technics」のクオリティーで、低音再生能力をさらに強化している。

 同じくAV機器の欧州向けのラインナップとして、UltraHD Blu-rayプレーヤーには最上位モデルとしてHDR10+とドルビービジョンのHDR規格に対応した「UB820」、HDR10+対応の「DP-UB420」を初めて発表した。

ターンテーブルやミラーレス一眼も登場
コンシューマー製品は「Googleアシスタント」対応へ

 オーディオブランドのTechnicsでは、2017年の「IFA2017」で参考出展されていた同社の最高級ターンテーブル「SP-10R」を紹介。

 テクニクス“リファレンスクラス”の新モデルとして開発されるもので、ターンテーブルシステム「SL-1000R」も欧米で今年から発売が発表された。

 ミラーレス一眼カメラでは「DC-GH5S」を初披露。動画で人気のある「DC-GH5」をベースとして高感度センサーを搭載したモデルで、シネマ4K/60p動画記録に対応する。

 パナソニックが未来の住空間環境プロジェクトとして2017年から展開している「HomeX」についても改めて言及した上で、パナソニックのコンシューマー機器への「Googleアシスタント」への対応も発表された。

 BtoBの製品から、欧州向けモデルの発表となるが有機ELテレビ、UltraHD Blu-rayプレーヤー、Technicsブランドで発表されるアナログターンテーブル「SP-10R」、ミラーレス一眼カメラ「DC-GH5S」とコンシューマー向けの製品、そして車載分野の「Amazon Alexa」と住宅分野への「Googeアシスタント」発売と実に多岐に渡ったパナソニックのプレスカンファレンス。

 まずは、コンシューマー向けの製品の日本での発売を期待して待ちたい。



有機ELテレビやAmazon&Google対応と盛りだくさんのパナソニックプレスカンファレンス

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す