任天堂、大人向けコンテンツをSwitchに対応させるよう促していると報道 – IGN JAPAN



任天堂は大人向け、もしくは暴力的なゲームの開発者に対し、それらのコンテンツをSwitchに対応させるよう推奨しているのかもしれない。

The Wall Street Journalの報道によれば、任天堂は自社のハードウェアがファミリー向けコンテンツ専用のプラットフォームであるという印象を払拭するため、大人向けコンテンツの数を増やすことに関心を示しているようだ。

「ぎゃる☆がん だぶるぴーす」などを手がけたインティ・クリエイツの代表取締役社長・會津卓也は、任天堂が同社の大人向けのコンテンツに興味を示すとは思っていなかったと語る。「Switchでそういったゲームをリリースできるとは思っていませんでしたが、驚くことに任天堂はポジティブなフィードバックをくれました」と會津はWSJに話している。

報道によれば、その他のデベロッパーも會津と似たような感触を得ているという。とあるデベロッパーの重役(匿名)は、任天堂の大人向けコンテンツへのアプローチについて「今までは受け身だったが、“受け身”という言葉は今の彼らのスタンスを表現するのに正確な表現ではなくなっている」と話している。

任天堂は今年1月のSwitchプレゼンテーションでも、オーディエンスの幅を広げようとしていた。任天堂の重役・高橋伸也によれば、ナイトクラブのような雰囲気を漂わせていたSwitchプレゼンテーションは、海外の大人のオーディエンスに訴えかけるようにデザインされていたという。「本やテレビ、映画と同じように、異なるオーディエンスには異なるコンテンツが必要とされている」ため、任天堂は多様なプレイスタイルやオーディエンスにリーチしたいと考えているようだ。

任天堂はSwitchで、サードパーティタイトルの不足問題を解決しようとしているように見える。ロックスターは「L.A.ノワール」をSwitchに対応させ、ベセスダは「Skyrim」のみならず、「DOOM」と「Wolfenstein II」もSwitchでリリースする予定だ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す