Apple Watch対抗機!? フルAndroid搭載スマートウォッチ「Look Watch」の日本上陸に期待




通話も単体で可能!

 Apple Watch Series 3で通話機能が注目されているように、スマートウォッチは単体で利用できることがこれからは求められていくのかもしれません。

 カナダのLapacが発売予定の「Look Watch」は、スマートフォンとの連携よりも単体で利用できることを重視した3G内蔵スマートウォッチ。Androidで動作するのでアプリの利用も可能な製品です。

 2017年9月にサンフランシスコで開催されたMobile World Congress Americas 2017の同社ブースで製品を実際に触ってみました。

アナログウォッチの外観をしているLook Watch

外観は質感の高い時計だが、中身はAndroid 5.1

 Look Watchのディスプレーは丸型で、1.39型400×400ドット。傷のつきにくいサファイアグラスでおおわれています。もちろんタッチパネルなので、指先での操作が可能。IP67の防水防塵に対応、質感はしっかりしていて腕時計代わりに使うことも十分できそうです。

1.39型のディスプレーを搭載、質感は高い

 OSはAndroid Wearではなく、通常のAndroid 5.1を搭載します。通話機能を搭載しているので電話アプリも内蔵。Google Playストアもプリインストールされているのでアプリの追加も可能ですが、400×400ドットの解像度にスマホ向けのアプリを入れて使うのはちょっと難しいかもしれません。このLook Watch向けのアプリが出てくるといいですね。



Androidで動作、アプリもひと通り入っている 画面上からスワイプすれば、Android端末のように設定ツールも表示される

 本体の背面にはnano SIMスロットを備えます。プラスねじでしっかり止めるので、ここから水が浸入する恐れはないでしょう。

 普段はSIMなしで使い、メインで使っているスマートフォンの電池がなくなってきたらLook WatchにSIMを入れ替える、なんて使い方もできそうです。通信方式はW-CDMAが850/1900/2100MHzとGSMに対応。そして、心拍計も搭載しています。4つ見えるピンは充電台との接続用です。

本体背面の構造。SIMスロットはねじ止め式

ビジネスやアウトドア、見守りなどのシチュエーションを想定

 さて、「Androidがそのまま動く通話可能なスマートウォッチ」は過去にもいくつか製品が登場したことがあります。

 しかし、Look Watchはそれらの製品とは違い、腕時計としても見栄えのするデザインにしているのが最大の特徴。ビジネスシーンで利用しても違和感のない製品に仕上げています。

 また、単体で通信できる機能を生かすべく、緊急時の通知機能を強化しているのです。本体の側面にはSOSボタンが見えますが、このボタンを3秒以上押し続けると、あらかじめ指定した相手に電話の発信と位置情報をSMSで通知してくれます。

本体側面のSOSボタンがLook Watchの特徴のひとつ

 それだけではなく、時計に急激な衝撃を検知した時、さらには時計を腕から外した時にも同様にSOS発信がされます。

 アウトドア利用時なら、たとえば山上りの時に崖から落ちてしまった、なんてときも、自動的にSOS発信してくれるわけです。また、年配者の方が外出先で時計をはめているのが面倒になって外してしまった、なんてときも通知してくれるのです。

 動きを感知して緊急通話と位置情報を発信してくれる機能は、単体通話が可能でGPSを内蔵したAndroid端末だからできることでしょう。

緊急通報時の画面。GPSを使った現在位置も同時に送信される

 なお、通常の通話はハンズフリーでの利用となりますが、本体左側面にはこのサイズの端末としては大きめのスピーカーを内蔵しています。

 ディスプレーは小さいものの写真や動画の再生も可能で、動画再生時にはそれなりの音量がします。超小型メディアプレーヤーとして使うのもおもしろそうです。なお、CPUはメーカー非公開の1.3GHz、メモリーは1GB、ストレージは16GBという構成です。



本体左側面にはスピーカーを備える 動画再生も可能。メディアプレーヤーとしても使えそうだ

日本での展開も検討中! MVNOから出たらおもしろいかも

 バッテリーは460mAhで1〜2日の利用が可能とのこと。気になる値段は200〜300ドルの間が想定されています。気になるグローバル展開ですが、ブース担当者によると日本への投入も検討中とのこと。

 本体のデザインはいくつかのバリエーションがありますが、ややクラシカルなスタイルなので年配者にも受け入れられそうです。MVNOキャリアが格安料金で投入するのもおもしろいかもしれません。

 使わない機能をあれもこれもと盛り込んだ製品ではなく、腕時計や活動量系として使え、しかも緊急時にも安心できるLook Watch。日本発売を楽しみにしたいところです。

スポーツタイプなどいくつかのバリエーション展開も予定している


カテゴリートップへ





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す