日本上陸が期待されるGalaxy Note8のカラバリ追加問題が悩ましい



 9月15日から各国で販売が始まったサムスンのGalaxy Note8。カラーバリエーションは「Midnight Black」(黒)、「Maple Gold」(金)、「Orchid Grey」(灰)、「Deepsea Blue」(青)の4色ですが、国によって投入される色は異なります。

 発表会が開催されたアメリカでは黒と灰の2色のみ。韓国は黒、灰、青。ほかのアジア各国でも4色すべてではなく2色や3色展開の国が多くみられます。

Galaxy Note8の母国、韓国では黒、灰、青の3色展開

初期4色の中では1番人気はやはり「青」

 筆者は落ち着いた色合いの青が好み。幸いなことに筆者の居住する香港では黒、灰、青の3色展開なのですぐにでも購入できる状況です。

 香港では9月29日から販売開始となりましたが、さすがに今回は同じ大画面モデルのGalaxy S8+があることもあってか、いきなり品切れになるようなことにはなっていません。

香港でもGalaxy Note8が発売に

 ですが、やはり青は人気が高く、256GBモデルは品切れ続出中です。香港は黒が64、128、256GBの3モデル。灰が64、128GB。青が128、256GBという展開。このうち青の256GBはほとんどの家電量販店やキャリアでほぼ完売。ほかの色や容量のものは在庫潤沢という状況です。

韓国同様に青と黒、そして灰の3色展開となった香港

 香港販売品は台湾などと同様にDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)対応。いまやハイエンドモデルでもDSDSがアジア各国ではあたりまえになりつつあります。

 しかし、サムスン人気がまだ高いアジア各国で4色で展開されないのはちょっと不思議。青が香港だけというのもなぜなのでしょうね。

香港版はDSDS仕様。台湾版なども同様

追加カラバリは市場次第だったはずが、
すでに台湾ではピンクが登場した

 また、サムスンは後からカラーバリエーションをよく追加します。その中でもピンクは歴代のモデルのほとんどに追加されています。香港でもGalaxy S8/S8+にピンクが追加されたばかりで、香港の街中はいま、Galaxy Note8とGalaxy S8/S8+ピンクの広告が大きく目立っています。

香港で目立つGalaxy最新モデルの広告。S8とS8+はピンク推し

 先日のサムスン本社で開発者にインタビューした時も、追加のカラーは市場の動向を見ながら決めるという話でした。

 しかし、過去を振り返るとピンクはほぼ必ずと言っていいほど追加されています。モデルによってビビッドなピンクだったり、淡い桜色だったりと色合いは変わるものの、Galaxyのラインアップにピンクは最初からあってしかるべき色のはず。

「市場動向で色は追加する」と語ったグローバル商品企画グループのソ・ジン Senior Professional

 そして、台湾でそのGalaxy Note8のピンクが早くも追加になりました。台湾は当初黒と金のみが登場し、遅れてピンクが発売に。今回は早い時期にピンクの投入が発表されていたこともあり、突如追加されたわけではありません。

 しかし、青が選べずピンク、というのも悩ましいところでしょう。台湾の人が香港で青を買う、なんて動きも出てくるかも。逆に台湾版のピンクが人気で品薄になる、なんてこともありうるかもしれません。

台湾ではピンクも追加になり、買い替えキャンペーン中

 ちなみに、Galaxy Note8の価格はやはり結構なもの。64GB版が6998香港ドル(約10万880円)、128GB版が7598香港ドル(約10万9500円)、256GB版が8198香港ドル(約11万8200円)。

 これだけ高い買い物となると、2年間と言わず3年間使い続ける人もいるでしょう。生産台数の問題かもしれませんが、やはり、すべての国で4色、いや、ピンクを加えた5色展開してほしいものです。

10万円を超える価格だけに、メモリー容量も本体カラーも慎重に選びたくなる

 筆者もGalaxy Note8をすぐにでも購入したいのですが、メモリーをどうするか、色は青でいいのかなど悩み中。

 あえてレアなピンクを買う、なんてことも考えてしまいます(ケースを着けるので普段はピンクの色は見えないでしょうし)。どれを買おうか悩みつつ、連日香港の家電量販店巡りをしている毎日なのです。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!


 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!



カテゴリートップへ




この連載の記事


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す