「Google Home」開封の儀–LINE「Clova WAVE」よりもサイズはコンパクト



 「Google Home」のパッケージの正面。

 「Google Home」のパッケージの正面。

 グーグルは10月5日、スマートスピーカ「Google Home」と、小型版「Google Home Mini」を国内発表した。この記事では、Google Homeのパッケージ開封から設定までを写真でお送りする。

 Google Homeは、音声認識を搭載したスピーカ型パーソナルアシスタント。「OK, Google」と話しかけると、Google Play MusicやSpotify上の楽曲再生、タイマー設定、天気予報、カレンダー上の予定などを読み上げてくれる。また、スマート家電も操作でき、フィリップスのスマート電球「Hue」と接続すれば、声だけで照明のオン・オフができるようになるほか、Chromecastと連携し、見たい番組を指示するだけで再生する。

 また、ユーザーの“知りたい”にも答えることができ、「こんにちはのスペイン語は?」といった翻訳や、簡単な計算、食材のカロリーの確認、職場までの交通状況、早口言葉の種類のほか、「虎の鳴き声は?」という質問にも該当の音声を再生してくれる。「ボイスマッチ」機能により6人までの声を聞き分けることができ、家族で「今日の予定を教えて」とGoogle Homeに話しかけると、自身のユーザー名を教えなくともそれぞれの予定を回答する。

 価格と発売日は、Google Homeが1万4000円(税別)で10月6日、Google Home Miniが6000円(税別)で10月23日となる。Google Storeのほか、ビックカメラ、ヤマダ電機、楽天、CCCAIR(TSUTAYAの一部店舗で10月6日より税別800円でレンタル開始、11月1日より販売開始)で取り扱う。また、携帯キャリアではKDDIが独占して販売する。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す