自動で靴ひも締まるスニーカー ナイキの新たな一歩だ



ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局
第377回

週替わりギークス 第44回

2017年12月12日 18時00分更新

文● ちゅーやん

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で10月3日に公開した「自動で靴ひも締まるスニーカー ナイキの新たな一歩だ」を紹介します。


 ナイキは2016年11月にアメリカで発売したスニーカー「Nike HyperAdapt 1.0」を、9月23日に日本国内で販売開始した。「E.A.R.L.(自動シューレース調整システム)」を搭載し話題を呼んだこのスニーカーは、かかとに圧力センサーが組み込まれており、履いたときの体重の重みをトリガーに靴ひも(シューレース)のワイヤーが自動で短くなり足にフィットする。つまり、自動で靴ひもが締まる仕組みだ。個人的には2015年に発表されてから心待ちにしていた製品である。

 今回はこのスニーカーを着用した感想をお届けする。

 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場し、ナイキが実際に開発した自動で靴ひもが締まるスニーカー「Nike Mag」を市販向けに改良したものがNike HyperAdapt 1.0だ。価格は8万1000円で、販売は抽選。公式ウェブサイトで確認したところ、すでに完売のようだ。

 アメリカでの発売から日本に来るまで1年近くを要したのは、各国の家電販売に関わる法律などをクリアするためだそうだ。普段販売しているウェアとはまったく違う構造の製品に、大企業ながら苦労した様子がうかがい知れた。

 ご厚意で発売イベントに伺い試着をし、プレゼントしていただいた。おもしろいスニーカーなので、PRではないがここで紹介したい。

各種モジュールは靴底にまとめた


 続きは「自動で靴ひも締まるスニーカー ナイキの新たな一歩だ」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!


会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部





この連載の記事


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す