手持ちのUSB機器を「Type-C」に変換するにはどうすればいい?(日経トレンディネット)



 最近はUSB Type-Cを採用しているモバイルノートが増えてきている。薄型を重視したモデルのなかには、USB Type-Cしかない製品もあるほどだ。その一方で、USB Type-Cに対応した周辺機器はまだ少ない。そこで、USB Type-Cを搭載したモバイルノートを購入した人向けに、同時に購入しておくと便利なグッズを紹介する。

【関連画像】富士通「FMV LIFEBOOK UHシリーズ」のように、現状は従来のUSB(Type-A)とUSB3.1 Type-Cの両方を備えた製品が多いが、Type-Cのみという製品も出てきた

 パソコンの拡張端子として普及しつつあるのがUSB3.1 Type-Cだ。コネクターを上下どちら向きにしても挿し込めて扱いやすいこと、形状がコンパクトでパソコンを薄型化しやすいことなどから、モバイルノートを中心に普及が進みつつある。

 現在は従来からある長方形の大きなUSB端子(Type-A)からType-Cへの移行期なので、両方を備えている製品も多い。だが、薄型のモバイルノートのように拡張端子がType-Cのみというパソコンを購入して、これまでのUSB機器を接続できなくて困るケースもある。しかも、USB3.1に切り替わるタイミングでUSB Type-Cが登場したこともあり、両者を混乱しやすい。今期モバイルノートを購入した人は、USB Type-CやUSB3.1がどんな規格か、USB Type-C対応の周辺機器を買うときや、以前からあるUSB機器を接続するときは何に注意すべきかを知っておこう。

●Type-Cの周辺機器変換を買うときはUSB3.1かチェック

 「USB Type-C」は、USB3.1で新たに承認されたコネクターの規格だ。特徴は、従来のUSB端子にあった向きがなく、上下どちらの向きでも挿し込めること。これによって接続しやすくなり、耐久性も高められている。

 また、Alternate Mode(Alt Mode)と呼ばれる、USB以外の信号を流すオプション機能も特徴だ。例えば、DisplayPort Alt Modeに対応したType-C端子なら、DisplayPortの信号をディスプレーに出力する映像出力端子として使える。同じ仕組みで、データ転送速度が最高40Gbpsと高速でディスプレー出力もできるThunderbolt 3の端子としても使われている。Thunderbolt 3はUSB3.1の上位互換となる規格だ。

 ここでややこしいのは、USB Type-Cはコネクターの形状を定める規格で、データ転送速度などを定めたUSB3.1とは別物ということ。USB3.1には「Gen1」と「Gen2」があり、例えば、データ転送速度は、Gen1がUSB3.0と同じ最高5Gbps、Gen2がその2倍の最高10Gbpsとなっている。端子の形状はType-Cが多いが、従来のUSB端子(Type-A)の場合もある。逆に、形状はType-Cだが内部の規格がUSB2.0や3.0までしか対応していないUSB端子もある。

 このようにType-Cといっても、USB3.1 Gen1なのかGen2なのか、ディスプレーに映像を出力できるのか、Thunderbolt 3対応なのかといった違いがあってややこしい状況だ。Type-C対応の周辺機器変換ケーブルやアダプター類を購入する時は、USB3.1に対応しているのかどうか、対応しているならGen1なのかGen2なのかなど、パッケージの表記をよく確認しよう。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す