シチズン「アテッサ」「クロスシー」ブランドから各30本の限定モデル




世界初のフラッグシップストアオープニング記念として先行発売

2017年04月04日 13時00分更新

文● 天野透

 シチズン時計は4月3日、ビジネスマン向けのブランド「ATTESA(アテッサ)」と、20~30代の女性向けブランド「xC(クロスシー)」の各限定モデルを発表した。価格はアテッサ限定モデルが22万6800円、クロスシー限定モデルが21万6000円で、いずれも30本用意。4月20日オープン予定の「CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO(シチズン フラッグシップストア 東京)」で先行販売後、6月1日から全国のシチズンコンセプトショップで販売する。

アテッサ限定モデルはブラック&ゴールドのクロノグラフ

 アテッサの限定モデルは、ブラックを基調としたワニ革ベルトと、イエローゴールドをベゼルや文字板のインダイアルなどにあしらったクロノグラフモデル。ベゼルはマット調のヘアライン加工を施し、都市名表記の視認性を高めている。

 光発電「エコ・ドライブ」で定期的な電池交換を不要としたほか、上空約2万kmのGPS衛星から世界最速の最短3秒で位置・時刻情報電波を受信し、時刻・カレンダーを自動修正する「GPS衛星電波時計」機能を搭載した。使用ムーブメントはCal.F900で、そのほかの主な機能は、40タイムゾーンの「ワールドタイム機能」、「JIS1種耐磁」「衝撃検知機能」「針自動補正機能」で機械的/磁気的要因の誤差を防ぐ「パーフェックス」、2つのタイムゾーンの表示をする「デュアルタイム表示」、31日以下の月や閏年の2月を自動補正する「パーペチュアルカレンダー」、欧米地域などで採用されている「サマータイム機能」など。

 ケースには純チタニウムに特殊な表面硬化技術「デュラテクト」を施したシチズン独自の「スーパーチタニウム」を使用して傷や腐食に対する耐性を高めた。同社によると、スーパーチタニウム素材はステンレスと比較して5倍以上の硬さを持ちながらも約40%軽量だという。ガラスにはサファイアガラスの表裏にシリコン加工物を多層構造コーティングする「99%クラリティ・コーティング」を採用。光の反射を抑えて文字盤の視認性を上げたほか、キズがつきにくく、表面には汚れを防ぐ撥水膜を施し、耐久性と防汚性を向上させた。

 そのほかの主な仕様は、月差±5秒(非受信時)、フル充電時約5年可動(パワーセーブ作動時)、10気圧防水。サイズはケース径が43.5、ケース厚が13.1mm。

銀座をイメージしたというブラック&ゴールドのアテッサ限定モデル

クロスシーブランド20年を記念する華やかなサクラピンク

 クロスシーブランド誕生20周年の記念でもある限定モデル。ケースとバンドにデュラテクトコーティングの「サクラピンク」カラーを、ベゼルと文字盤には合わせて20粒のダイヤモンドをあしらったオリジナルデザイン。文字板の白蝶貝にはギョーシェ(ギロッシェ)彫りが施されている。ガラスはアテッサ限定モデルと同じく、99%クラリティ・コーティングのサファイアガラス、金属素材には耐ニッケルアレルギーのものが使われている。

 採用ムーブメントはCal.H240で、主な機能は日本(2局)、中国、アメリカ、欧州各局の標準電波を受信できる「多局電波受信」、海外でも時刻合わせが簡単な「ワールドタイム」を中心に、エコ・ドライブ、パーフェックス、パーペチュアルカレンダー、パワーセーブ機能などを搭載する。

 そのほかの主な仕様は、月差±15秒(非受信時)、フル充電時約3年可動(パワーセーブ作動時)、5気圧防水。サイズはケース径が27.8、ケース厚が7.7mm。

ダイヤモンドとギロッシェ文様の白蝶貝が美しいクロスシー限定モデル

シチズンのすべてが集まる旗艦店

 各限定モデルが先行発売される「シチズン フラッグシップストア 東京」は、シチズンブランドを中心に「Alpina」「Arnold & Son」「BULOVA」「CAMPANOLA」「Frederique Constant」などのグループ主要ブランドが集結する世界で初めてのフラッグシップストア。

 銀座にオープン予定の「GINZA SIX」1階フロアで、イベントスペースと修理工房を含めて約300平米の広さを展開する。限定商品もそろえた店頭には外国語の対応が可能なスタッフが常駐する。

シチズン フラッグシップストア 東京のイメージ

CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO(シチズン フラッグシップストア 東京)

所在地:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 1階
取扱商品: メンズ&レディスウオッチ
CITIZEN、Arnold&Son、BULOVA、CAMPANOLA、Frederique Constant他

■関連サイト



カテゴリートップへ





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す