iPhoneの防水ケースは「100均もの」が便利だった(日経トレンディネット)



 iPhoneを一日中そばに置いておきたい人には、水のそばでも安心して使える防水ケースが便利だ。100円均一ショップ(100均ショップ)でも、スマートフォン用の「簡易防水」「防滴」ケースやポーチが販売されている。

【関連画像】スタンド付きの簡易防水ケースのパッケージ。横置きの「立てて見れる防水ソフトケース(ダイソー)」(左)と立て置きの「防滴ケース(キャンドゥ)」(右)

 今回は100均ショップで手に入れた防水ケースが、どれぐらい使えるのかを試してみた。使った機種はiPhone 7と6s。サイズの確認にiPhone 6 PlusとiPhone SEも使用している。購入した100均ショップはダイソー、セリア、キャンドゥの3店舗だ。

●ストラップ付きなどの種類がある

 水にしずめても中に入っているiPhoneに影響がない「完全防水」に対して、水しぶきや濡れた手で操作しても大丈夫という程度の安心感が「簡易防水」だ。「日常生活防水」「防滴」と表示されている場合もある。台所などの水回りでの使用や、浴室で浴槽に落とさずに使うという範囲でiPhoneをガードできる。

 実際にケースを使ってみると、ちょっとした水濡れでも大丈夫なことはもちろん、口をしっかり閉じていればiPhoneが一瞬水に浸かるぐらいでも問題はなさそうに思える。ただし今回確認した製品には、防水規格であるIPX4などのJIS規格表示のある製品はなかったので、性能が保証されていない。あくまでも自己責任での使用のため、注意してほしい。

 今回、100均ショップで見つけた簡易防水ケースには、単なる袋状のケースから、ストラップ付き、スタンド付きなどいくつかのタイプがあった。画面の大きなiPhone 7 Plusなどが入るケースは選択数が少ない。

 まずは購入前にケースに入れるスマートフォンのサイズを確認しよう。PlusサイズのiPhoneを使っている場合は、7~8インチサイズのタブレット用簡易防水ケースも検討すると選択肢が広がるだろう。

 またケースの素材や厚さによるが、iPhone 7のセンサー式ホームボタンを操作できない製品が多くあった。そういう場合はiPhoneの「AssistiveTouch」機能を使って、画面に仮想的なホームボタンを表示させて使うとよいだろう。設定方法は最後に紹介する。

 それでは簡易防水ケースを「ストラップ付き」「スタンド付き」「薄手」とタイプ別にチェックしていこう。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す