Thunderbolt 3の効果は? 新Drobo 5D3の性能をチェック



プリンストンが販売する高機能ストレージ「Drobo」を活用しよう

Drobo 5D3を選択しない理由はない

2017年10月24日 11時00分更新

文● 飯岡真志、編集 ●金子/ASCII.jp

Drobo 5D3を使い始めよう

 前回は、WindowsパソコンやMacに直接つないで使用するDAS型のDroboの最新モデルDrobo 5D3を紹介した。先月末から発売が開始されている。

 前回はDrobo 5D3のハードウェアの設定を終えたところまでを紹介したので、その続きから始めよう。Droboを管理するためのアプリケーションDrobo DashboardをWindowsパソコンやMacで起動すると、接続されているDroboを見つけて表示してくれる。

Drobo Dashboard上にDrobo 5D3が表示されている

 このスクリーンショットには、Drobo 5D3とともにDrobo FSという古い機種も表示されている。こちらは筆者の私有Droboで、NAS(Network Attached Storage)型の製品だ。こんな感じにDrobo Dashboard上ではDAS型もNAS型も区別せずに表示され、1画面で所有するDroboを一元管理できる。

 ここで管理したいDroboのアイコンをダブルクリックすると、その機種のステータス画面が表示されるが、今回はDrobo 5D3をMacに接続して初めて使用するので、まだフォーマットされていない状態だ。そのため、Drobo Dashboard上にダイアログが表示され、フォーマットを促される。

Drobo 5D3はまだフォーマットされていないため、フォーマットを促される

 指定できるファイルシステムはWindowsマシンに接続しているならNTFS、Macに接続しているならHFS+とそれぞれ一択なので、ここで迷う必要はない。Droboにつける名前を指定し、Windowsの場合は追加でドライブレターを指定したら、フォーマットを開始する。しばらくしたら、フォーマットが完了し、エクスプローラー(Windows)またはFinder(Mac)からDrobo 5D3が見えるようになるはずだ。

Macに接続した場合、ファイルシステムはHFS+となる

ボリューム名(Windowsでは加えてドライブレターも)を指定する

フォーマット前の最終確認。OKなら「フォーマット」をクリック!

Finder上からDrobo 5D3が見える

 なおMacのOSであるmacOSは、この9月に「macOS High Sierra」と呼ばれる新バージョン(10.13に相当)がリリースされた。High Sierraでは、ファイルシステムとして新たにAPFS(Apple File System)が採用されている。High Sierraに更新したMacにDAS型のDroboを接続した場合、フォーマットの際にAPFSが使えるかどうかは今のところは不明だ。そのうち、お知らせする機会があるかもしれない。

 

(次ページ、「Drobo 5D3の容量は?」に続く)





この連載の記事


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す