Kingston、120GBで6000円台からのリーズナブルなSSD発売



2017年04月03日 16時25分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

 Kingstonは4月3日、リーズナブルで優れたパフォーマンスをうたうSSD「A400」シリーズを発表した。発売は4月14日から。

 容量は120GB/240GB/480GBを用意しており、価格は120GBが6860円、240GBが1万1470円、480GBが2万1130円。Amazon.co.jpで先行予約を受け付けている。

 A400シリーズは2chコントローラーとTLC NANDを採用し、最大で読み取り500MB/s、書き込み450MB/sの速度を持つ。公称スペックは製品スペックの最低値を示すもので、時期によって公称値を満たす最適なコントローラとNANDが採用されるという。

 ノートPCの換装や、古いPCのHDD置き換えに最適としている。また、3年間の製品保証と無償のテクニカルサポートが付属する。

 スペックは以下のとおり。

フォームファクタ 2.5
インターフェース SATA Rev. 3.0(6GB/)-SATA Rev. 2.0(3GB/s)と下位互換性あり
コントローラー 2Ch
NAND TLC
容量 120GB/240GB/480GB
ベースラインパフォーマンスデータ転送(ATTO) 120GBモデル 最大500MB/s(読取)、最大320MB/s(書込)
240GBモデル 最大500MB/s(読取)、最大350MB/s(書込)

480GBモデル 最大500MB/s(読取)、最大450MB/s(書込)
消費電力 アイドル時0.195W、平均0.279W、読取時最大0.642W、書込時最大1.535W
動作温度 0~70度
保管温度 -40~85度
寸法 横幅100.0×奥行き0.69×高さ7.0mm
重量 41g
価格 120GB/6860円、240GB/1万1470円、480GB/2万1130円
販売開始日 4月14日(金)(Amazon.co.jpで先行予約を受付中)

■関連サイト



カテゴリートップへ





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す