サードウェーブ、筆圧感知ペン付きWinタブレット「raytrektab」を4/27発売




サードウェーブ、筆圧感知ペン付きWinタブレット「raytrektab」を4/27発売

2017年4月4日 12:20掲載


raytrektab DG-D08IWP

サードウェーブデジノスは、今春発売としていた8型Windowsタブレット「raytrektab DG-D08IWP」の発売日を決定。4月27日より、全国の「ドスパラ」店舗およびドスパラ通販サイトで発売する。

ワコムの「Wacom feel IT technologies」を搭載した筆圧感知ペンが付属するタブレット。4096階調の精細な筆圧感知とレスポンスのよさによって、「まるで本物の紙に描いているような、なめらかな描き心地」を得られるという。さらに、標準芯に加えて、マーカーのような描き心地のフェルト芯、紙に描いている感覚に近い粘り気のある描き心地のエラストマー芯も同梱する。

仕様面では、OSには「Windows 10 Home」を採用。ディスプレイは8型液晶(1280×800ドット)を装備。プロセッサーはクアッドコア「Atom x5-Z8350」を備えた。このほか、メモリーが4GB DDR3L、ストレージが64GB eMMC。カメラ機能は約200万画素(フロント×1、リア×1)。無線通信はIEEE802.11 ac/a/b/g/n準拠の無線LAN規格と、Bluetooth 4.0をサポートする。

インターフェイスはmicroHDMI×1、microUSB×1(給電兼用)、microSDカードスロット、ヘッドホン出力×1などを装備する。本体サイズは214(幅)×10.1(高さ)×128(奥行)mm。

価格は49,800円。

■関連リンク

【新製品ニュース】サードウェーブ、4096階調対応の筆圧感知ペン付き8型Windowsタブレット

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

タブレットPC関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す