ASUSのB250採用ゲーミングマザーが約1.3万円で販売開始

ASUS「ROG STRIX B250G GAMING」

2017年05月26日 22時48分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp


 ASUSのゲーミングブランド「ROG」から、B250チップセット採用のLGA 1151対応マザーボード「ROG STRIX B250G GAMING」が発売された。



ASUSのゲーミングブランド「ROG」から登場したLGA 1151対応マザーボード「ROG STRIX B250G GAMING」

 「ROG STRIX B250G GAMING」は、Micro ATXフォームファクターのB250チップセット採用マザーボード。クリアで迫力のある音を楽しめる「ROG SupremeFX」オーディオ機能やデジタル電源回路の「DIGI+ VRM」を搭載。LAN機能を静電気などから守る「LANGuard」、プラスチックに金属を加え耐久性を向上させたPCI Express x16スロット「SafeSlot」などの機能を備える。

Micro ATXサイズながらM.2スロットを2基備えるなど拡張性は確保されている

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-2400/2133、最大64GB)という構成。

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(intel I219-V)やサウンド(ROG SupremeFX S1220A 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス機能出力にDVI-D×1、HDMI1.4b×1を搭載する。



LANはインテル製。グラフィックス機能出力には2画面出力対応したDVI-D×1、HDMI1.4b×1を搭載する

 価格は1万3478円。パソコンショップアーク、ドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


こんな記事もよく読まれています

コメントを残す