ハイレゾ再生アプリ「NePLAYER」が「e-onkyo music」の直接ダウンロードに対応



スマホのハイレゾ再生でPCレスを実現

2017年04月04日 18時15分更新

文● 天野透

 ラディウスは4月4日、ハイレゾ再生音楽アプリ「NePLAYER」がハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」で購入した曲の直接ダウンロードに対応するアップデートを公開した。NePLAYERから「e-onkyo music」にサインインするだけで、購入履歴の確認と購入楽曲のダウンロードができる。価格はiOS版/Android版ともに1800円で、無料版の「NePLAYER Lite」からアプリ内課金での購入も可能。対応OSはiOS 7.0以降またはAndroid 4.1以降(Android4.4以降推奨)。

e-onkyo musicのサインイン画面

 NePLAYERはAndroid向けハイレゾ再生アプリとして2014年12月にリリースされ、2015年にはiOS版を発表。ハイレゾ音源の再生情報を確認できる「ハイレゾビジュアライザー」を搭載し、音源がどのようなスペックで再生されているのかをビジュアル表示。iOS版ではDSDの再生、ネットワーク対応機器を使用したワイヤレスでのハイレゾ音源再生にも対応する。iOS版の主な対応フォーマットは32bit/384kHzまでのWAV、FLAC、ALACで、DSDは最大5.6MhzのDoPに対応する(11.2MhzはPCM変換、iPhone5C以前の機種は非対応)。Android版は24bit/192kHzまでのWAVとFLAC。

■関連サイト



カテゴリートップへ





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す