Aurora発光機能を備える2.1chゲーミングスピーカーがクリエイティブから



「Sound BlasterX Kratos S5」

2017年04月04日 23時54分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp


 クリエイティブメディアから、USBオーディオ接続に対応した、最大出力120Wの2.1chゲーミングスピーカー「Sound BlasterX Kratos S5」(型番:SBX-KTS-S5)が登場した。



最大出力120Wの2.1chゲーミングスピーカー「Sound BlasterX Kratos S5」

 「Sound BlasterX Kratos S5」は、サテライトスピーカー×2とサブウーファーがセットになった2.1chゲーミングスピーカー。PCとUSB接続時には最大24bit/96kHz1のハイレゾオーディオの再生が可能。専用ソフトウェア「Sound Blaster Connect」(ダウンロード提供)を使えば、USBオーディオをバーチャル7.1chサウンドで再生できる。

サテライトスピーカー×2とサブウーファーがセットになった2.1chゲーミングスピーカー「Sound BlasterX Kratos S5」

 同ソフトには、各種オーディオプロファイルや、特定ゲーム向けのプロファイルがあらかじめプリセット。再生するコンテンツやさまざまなゲームに最適なサウンド環境を選択して楽しめる。

 また、BlasterX Acoustic Engineやイコライザーなどが含まれており、オーディオエンハンスメントの各種パラメーターやイコライザーなどをカスタマイズして、ゲームサウンドやエフェクトをよりリアルに楽しむことも可能だ。



サテライトスピーカーのボトム部分には、1680万色表示のプログラム制御可能なLED「Aurora Reactiveライティングシステム」を搭載する

 サテライトスピーカーのボトム部分には、1680万色表示のプログラム制御可能なLED「Aurora Reactiveライティングシステム」を搭載。前述の「Sound Blaster Connect」によって発光色や発光パターンをカスタマイズできる。そのほか、ヘッドセット端子やマイク入力も備えるオーディオコントロールポッドも付属する。

 主なインターフェースは、φ3.5mmステレオライン入力、RCA入力(L/R)、φ3.5mm マイク入力端子(PC接続用)、φ3.5mm ヘッドセット端子(PC接続用)。スピーカー出力は、総合60W RMS/120W ピーク、サテライト24W RMS/48Wピーク、サブウーファー36W RMS/72Wピーク。ドライバーが各サテライト4インチ、サブウーファー6.5インチ。

 価格は1万4800円(税抜)。ツクモパソコン本店とツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す