この冬、日本中が温かな涙に包まれる―『DESTINY鎌倉ものがたり』一般試写会に10組20名様をご招待! – TOWER RECORDS ONLINE (プレスリリース)



堺雅人、高畑充希はじめ豪華俳優陣を迎え、『ALWAYS 三丁目の夕日』チームが贈る、夫婦の愛のものがたり  

DESTINY 鎌倉ものがたり

©2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会

 

12月9日(土)全国東宝系にて公開!

〈ストーリー〉

鎌倉に暮らすミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに嫁いだ年若い妻・亜希子(高畑充希)はその生活に驚くばかり。

道を歩けば、魔物や幽霊、妖怪や仏様、死神(安藤サクラ)までも現れるのだ。

どうやらここ鎌倉は、人と人ならざるものたちが仲良く暮らす街らしい。

本業の小説執筆に加え、鎌倉署の捜査にも協力する夫・正和は、その上、鉄道模型収集やら熱帯魚やら多趣味でもあり忙しい。そんな一色家には、実年齢130歳?の家政婦・キン(中村玉緒)、腐れ縁の編集担当・本田(堤真一)、果ては貧乏神(田中泯)が居座るなど個性豊かな面々が次々に現れ騒がしい日々。亜希子の理想とはちょっと違うが楽しい新婚生活が始まった。

しかし、正和には亜希子に隠していた秘密があった。その秘密が原因で正和は結婚に疑問を感じて生きてきたようだ。正和はなぜ亜希子を見初めたのだろうか?

ある朝、正和が目を覚ますと、亜希子の姿が消えていた。夫への愛にあふれた手紙を残して――――。

なんと亜希子は不慮の事故で、亡くなっており、黄泉の国(あの世)に旅立っていたのだった。

失って初めて気づく妻・亜希子への愛。正和は彼女の命を取り戻すため、一人黄泉の国へ向かう決意をする。

そこで彼を待っていたのは、亜希子を黄泉に連れさった魔物たちとあの人の姿・・・。

命をかけた一色夫婦の運命が、今動き出す。

監督・脚本・VFX:山崎貴

原作:西岸良平「鎌倉ものがたり」(双葉社「月刊まんがタウン」連載)

出演:堺雅人 高畑充希

©2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会

■公式サイト:http://kamakura-movie.jp/

■映画公式Twitter:https://twitter.com/kamakura1209/

line

タワーレコードメンバーズ限定!11月16日(木) 一ツ橋ホールで行われる 映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』一般試写会に10組20名様をご招待!



応募はこちらから


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す