「頭文字D」のしげの秀一、自動運転が普及した日本を舞台に“新たなる伝説”



しげの秀一の新連載予告ページ。

「バリバリ伝説」「頭文字D」などで知られるしげの秀一の新連載が、今夏スタートすることが明らかになった。

新連載の舞台は、車の自動運転が普及した2020年代の日本。英国のレーシングスクールをトップの成績で卒業した天才ドライバーが登場する。本日4月3日発売のヤングマガジン18号(講談社)には、車のシルエットとともに「新たなる伝説──。」とキャッチコピーが掲載されている。またしげのが描く女子高生たちの野球マンガ「セーラーエース」は、今号で最終回を迎えた。

さらに今号には、士郎正宗原作による映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」で主演を務めるスカーレット・ヨハンソンのインタビューを収録。原作マンガ「攻殻機動隊」の草薙素子にあたる“少佐”役を演じることへのプレッシャーや、日本人キャストとの共演への思いなどを語っている。

このほか三田紀房「アルキメデスの大戦」6巻の発売を記念し、三田とかわぐちかいじの軍事マンガ対談が今号に登場。なお4月10日発売の次号19号では「我間乱~GAMARAN~」の中丸洋介による新連載「殺さざる者、生くべからず」がスタートする。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す