[はたらく細胞]スピンオフ「はたらく細菌」が「なかよし」で連載スタート



「はたらく細胞」のスピンオフ「はたらく細菌」の扉絵=講談社提供

 「月刊少年シリウス」(講談社)で連載中の清水茜さんのマンガ「はたらく細胞」のスピンオフ「はたらく細菌」が、3日発売の「なかよし」(同)5月号で連載がスタートした。

 「はたらく細胞」は、白血球、赤血球、血小板など人間の細胞を擬人化したキャラクターの細菌との戦いや日常を描いたマンガ。コミックスが4巻まで発売されており、累計発行部数は100万部以上。

 「はたらく細菌」は、善玉菌や悪玉菌など細菌が主人公のスピンオフで、吉田はるゆきさんがマンガを担当している。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す