「恋と嘘」が実写映画化!森川葵、北村匠海、佐藤寛太が出演、ムサヲも歓喜



映画「恋と嘘」のキャスト。左から北村匠海、森川葵、佐藤寛太。 (c)2017「恋と嘘」製作委員会 (c)ムサヲ/講談社

ムサヲ「恋と嘘」の実写映画化が決定した。

テレビアニメ化も決定している「恋と嘘」は、2014年よりマンガボックスで連載中のラブストーリー。政府の指名によって結婚相手が通知される「ゆかり法」によって、パートナーに決められた根島由佳吏と真田莉々奈、そして由佳吏が恋する高崎美咲の3人による恋が描かれている。

実写映画では原作マンガとは異なり、女1人と男2人による三角関係が展開される。ヒロインの仁坂葵役を演じるのは、森川葵。葵の優しい幼なじみ・司馬優翔役にはDISH//の北村匠海、政府が通知した葵の結婚相手である謎めいたオラオラ系イケメン・高千穂蒼佑役には劇団EXILEの佐藤寛太が扮する。

ムサヲは「一目見て『なんだこの透明感のある美少女は…!?』と度肝を抜かれた森川葵ちゃん主演で実写映画化! 嬉しいです!! 政府通知という設定を活かしつつ、原作とは逆の女1人男2人の三角関係を描いたアナザーストーリーということで、どんな話になるのか、原作者である私もとても楽しみにしています」と映画に期待を寄せた。

映画「恋と嘘」は今秋全国ロードショー。「今日、恋をはじめます」の古澤健監督がメガホンを取り、「ヒロイン失格」の吉田恵里香が脚本を手がける。

ムサヲコメント

一目見て「なんだこの透明感のある美少女は……!?」と度肝を抜かれた森川葵ちゃん主演で実写映画化! 嬉しいです!! 政府通知という設定を活かしつつ、原作とは逆の女1人男2人の三角関係を描いたアナザーストーリーということで、どんな話になるのか、原作者である私もとても楽しみにしています。北村さん、佐藤さんといった若くて素敵な俳優さんに参加いただけると聞いて、ワクワクしています。1人の観客として、映画の完成が待ち遠しいです。

森川葵コメント

恋は心でするもの、嘘は頭でするもの、そんな2つの気持ちが「と」で繋がれたタイトル「恋と嘘」。今回この全く異なる2つの気持ちが1つの言葉にまとめられたこの映画でお芝居をしていくにあたり、常にこの恋と嘘という言葉を連れ回し、恋が見える時に嘘が、嘘が見える時に恋が、みなさんの目に映るように演じていけたらと思っています。

北村匠海コメント

純粋な世界にしっかりとした物語の軸があり、儚さや幸せなど様々な感情が交錯していく中で、ラストの結末に涙しました。森川葵さんや、佐藤寛太さんと共演できる事も楽しみですし、自分がこの作品に関われる事、とても嬉しく感じます。

佐藤寛太コメント

「恋と嘘」のお話をいただきまして、斬新な世界観で一筋縄ではない高校生の人間ドラマを、経験値豊かな同じ世代のキャストの皆さんで創っていけるのを本当に嬉しく思います。人間関係に心のなかで距離をとって生きてきた蒼佑が政府通知によって出会った葵と司馬によって成長していく繊細な部分をうまく表現できたらと思います。撮影はこれからですが、原作が少年コミックの恋愛ストーリーということもあり恋愛映画とは言えないドラマが織り込まれており、十代特有の心のアンバランス感を大事に、皆さんの心に残る作品になるよう尽力したいと思います。

古澤健コメント

少し不思議な世界観、だけどじっと目を凝らし、そこに生きている登場人物たちの声に耳をすませると……これってすごくリアルな人間じゃないか!と原作を読んだときにドキドキしてしまいました。改めて漫画ってスゴイとうなってしまいました。じゃあ、映画でなにができるのかと模索する中で原作とパラレルなアナザーストーリーを構想しました。まだ恋をしたことない人も、いま恋で喜んだり苦しんだりしている人も、そしてかつて激しい恋をしたことのある人も、誰もが楽しめる映画を目指し、そして今しかできないお芝居を生み出すべく、キャスト・スタッフ力を合わせて行こうと思います。

吉田恵里香コメント

映画版「恋と嘘」は原作を基に作られたアナザーストーリーです。主人公の名前は仁坂葵。この苗字に「おや?」と思う方も多いのではないでしょうか?
今回、ムサヲさんが作り上げた繊細な世界観を壊さぬよう「人を愛するということ」について真正面から向き合せていただきました。原作を読んだ際、胸にこみ上げる、恋の美しさ、儚さ、せつなさを映画でも感じていただけたら幸いです。葵、司馬、高千穂の恋の行方、そして彼らがついた嘘とは……? この作品に携わることができて、とても光栄に思います。映画公開が今から待ち遠しいです!

(c)2017「恋と嘘」製作委員会 (c)ムサヲ/講談社


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す