[アニメ1週間]アニメジャパンに過去最高の14万5500人 「けもフレ」新作が制作



「AnimeJapan2017」に登場したコンパニオン

 1週間のアニメのニュースをまとめて紹介する「アニメ1週間」。今回(3月26日~4月1日)は、国内最大級のアニメ展示会「AnimeJapan(アニメジャパン)2017」に過去最高の約14万5500人が来場したニュースやアニメ「けものフレンズ」の新作が制作される話題などが注目された。

 3月26日、怪獣映画「ゴジラ」初の劇場版アニメが、ゴジラ映画では初の3部作で公開されることが明らかになった。また、宮野真守さんが、4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、ゴジラに怒りを抱く主人公のハルオ・サカキの声優を務めることも分かった。第1章は11月に公開予定。

 26日、アニメやゲームなどが人気の「Fate」シリーズのテレビアニメ「Fate/Apocrypha(アポクリファ)」が、7月からTOKYO MXほかで放送されることが分かった。坂本真綾さんがルーラー、花江夏樹さんがジーク、諏訪部順一さんが黒のセイバー、内山昂輝さんがシロウ・コトミネを演じる。

 27日、「アニメジャパン2017」の23~26日の4日間の来場者数が過去最高の約14万5500人だったことが分かった。昨年の来場者数は、3日間で約13万5000人だった。海外を含むビジネス来場者数は約4100人(前回3300人)、プレスの来場数は638社(同468社)で、うち海外メディアが47社(同59社)だった。

 27日、こうの史代さんのマンガが原作の劇場版アニメ「この世界の片隅に」(片渕須直監督)の興行収入が25日付で25億円を突破したことが分かった。観客動員数は190万人を突破した。

 28日、鳴見なるさんのマンガ「ラーメン大好き小泉さん」がテレビアニメ化されることが明らかになった。「きんいろモザイク」シリーズのStudio五組が制作する。

 29日、インターネットを中心に話題のテレビアニメ「けものフレンズ」の新作が制作されることが明らかになった。テレビ東京では28日深夜の放送で最終回を迎えたが、「もう少し、この世界を見てみたい。プロジェクトスタッフ全員の思いが一致いたしました」といい、新作が制作されることが発表された。

 31日、声優の小倉唯さんと石原夏織さんによるユニット「ゆいかおり」が、6月30日をもって音楽活動を休止することが分かった。公式サイトで発表された。公式サイトでは、活動休止後の活動について「個々の活動でさらに精進して参ります」と説明された。また、石原さんは所属事務所のシグマセブンも離れる。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す