大きな水路で水遊びしながら水の性質を学べる「アクアプレイ アクアワールド」




大きな水路で水遊びしながら水の性質を学べる「アクアプレイ アクアワールド」

2017年4月3日 15:52掲載


アクアプレイ アクアワールド

ボーネルンドは、楽しみながら水の原理や性質を学べる「アクアプレイ シリーズ」より「アクアワールド」を発表した。

運河のしくみをコンパクトに再現した水遊び道具。水に浮かばせた船を、付属のパドルを使って水流を起こすことで手を使わずに動かしたり、水位をコントロールして対岸に渡したり、遊びながら水のもたらす浮力や動力などの様々な性質が体感できる。

また、溺れる、転倒するなどの事故の心配がなく、子どもが安全に水と触れあえる点も特徴。水着やゴーグルなどは必要なく、パーツを分解することで簡単に持ち運びも可能だ。

「アクアワールド」は、自宅の庭やベランダで大きく遊ぶのに適したモデルとなっており、ただボートを浮かべて楽しむだけでなく、水路パーツを少なくしてコースをコンパクトにするなど、ごっこあそびから組み立て遊びまで自由度の高い遊びが楽しめるという。また、車を載せて運べるフェリーも付属するため、複数人で一緒に遊ぶことも可能だ。

主な仕様は本体サイズが105(幅)×145(高さ)cm、対象年齢は2歳頃〜。フェリー(赤)×1、コンテナトラック×1、コンテナボート×1、人形×3(かば、港で働く人、くま)が付属する。なお、「港で働く人」の人形は日本限定のモデルだ。

価格は15,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

知育玩具関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



こんな記事もよく読まれています



コメントを残す