[注目アニメ紹介]「サクラダリセット」 “現在”をやり直す能力を持った少年少女描く 人気ライトノベルをアニメ化



「サクラダリセット」のキービジュアル(C)河野裕・椎名優/KADOKAWA/アニメ「サクラダリセット」製作委員会

 河野裕さんのライトノベルが原作のアニメ「サクラダリセット」が、5日から順次スタートする。住人の半数が特別な能力を持つ街を舞台に、少年と少女が特殊な力「リセット」の影響で死んだ友人を取り戻そうとする姿を描いた作品で、連続2クールで放送される。マンガ版はウェブコミック配信サイト「コミッククリア」で連載中で、3月25日からは実写映画も公開されている。

 特別な能力を持つ者たちが集まる街・咲良田(サクラダ)。彼らの力は街の公的機関「管理局」により慎重に管理されていた。浅井ケイは過去に体験したすべての記憶を思い出せる「記憶保持」の能力を持ち、春埼美空は世界を最大3日分巻き戻す「リセット」の能力を持っており、2人が力を合わせることで、過去をやり直し、現在をやり直すことができる。

 しかし、そんな2人にもやり直せない“過去”があった。2年前の「リセット」により、同級生・相麻菫が死んでしまったのだった。能力が原因で亡くなった菫を取り戻すために、ケイと美空は力を合わせる……というストーリー。

 ケイの声を「残響のテロル」などの石川界人さん、美空を「PSYCHO-PASS サイコパス」などの花澤香菜さんが演じ、悠木碧さんや江口拓也さんも出演する。アニメ制作は「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズなどのdavid production(デイヴィッドプロダクション)が担当。オープニングテーマは声優で歌手の牧野由依さんが担当する。放送はTOKYO MX、関西テレビほか。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す