[注目アニメ紹介]「サクラクエスト」 「P.A.WORKS」のお仕事シリーズ第3弾 5人の女子が観光地を復興



「サクラクエスト」のメインビジュアル(C)2017 サクラクエスト製作委員会

 「SHIROBAKO」などを手がけたアニメ制作会社「P.A.WORKS」のアニメ「サクラクエスト」が、5日深夜から順次スタートする。主人公たち5人の女子が田舎の廃れた観光地を復興するために奮闘する1年間を描いた作品で、旅館を舞台とした「花咲くいろは」、アニメ制作の舞台裏を描いた「SHIROBAKO」に続く「お仕事シリーズ」の第3弾。

 主人公の木春由乃は、上京して30社以上の面接を受けたものの内定が取れず、このまま故郷に帰るしかないと葛藤していたが、ある日、派遣事務所から「町おこしの一環で国王をやってほしい」と依頼が入る。依頼先の間野山市は、バブル期にブームになったが今やすっかり廃れてしまったミニ独立国だった。由乃は残念観光地の“国王”、いわゆる観光大使として「お仕事生活」を始める。

 由乃の仕事仲間は、地元が大好きで面倒見がいい四ノ宮しおり、女優の夢破れて故郷に帰ってきた緑川真希、田舎の間野山は嫌いだが出ていく勇気もない織部凛々子、“意識高い系女子”の香月早苗という、どこにでもいそうな等身大の女子4人。そんな彼女らがひたむきに頑張り、観光を通じて成長していく姿が描かれる。

 由乃の声は「僕だけがいない街」などの七瀬彩夏さん、四ノ宮しおりは「ハナヤマタ」などの上田麗奈さんが演じ、安済知佳さんや田中ちえ美さん、小松未可子さんも出演する。放送はTOKYO MX、ABC朝日放送ほか。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す