[はじめてのギャル]追加キャストに豊永利行、赤羽根健治、白石稔

アニメ「はじめてのギャル」のティザービジュアル(C)2017 植野メグル/KADOKAWA/「はじギャル」製作委員会

 7月にスタートするテレビアニメ「はじめてのギャル」に声優として豊永利行さん、赤羽根健治さん、白石稔さんが出演することが分かった。3人が演じるのは“非リア少年”羽柴ジュンイチの悪友役で、豊永さんはメガネが特徴の坂本慎平、赤羽根さんは見た目がヤンキー風の石田景吾、白石さんは同年代の女子に興味を示さない小早川稔を演じる。

 「はじめてのギャル」は、「月刊少年エース」(KADOKAWA)で連載中の植野メグルさんのラブコメマンガ。“非リア少年”の羽柴が、クラスのギャル・ゆかなにもてあそばれる日々を描いている。アニメでは浅沼晋太郎さんがジュンイチ、長久友紀さんがギャルの八女ゆかなを演じ、喜多村英梨さんが“黒ギャル”の本城蘭子、竹達彩奈さんが黒髪が特徴の香椎結衣、小倉唯さんが羽柴を慕う“後輩ギャル”の藤ノ木寧音役を演じる。

 豊永さんは「気心知れたキャストさんが多く、現場の空気を盛り上げる方も多い現場だったので、1話とは思えないにぎやかさでした(笑い)。その勢いがそのまま作品に乗れば良いなーと思います」とコメントを寄せている。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。


こんな記事もよく読まれています

コメントを残す