『きみの声をとどけたい』、追加キャストに梶裕貴、鈴木達央、野沢雅子

湘南を舞台にした高校生たちの青春を描く劇場用オリジナルアニメーション『きみの声をとどけたい』。その公開日が2017年8月25日(金)に決定し、特報映像が公開されたほか、追加キャストが発表された。

本作の初の映像解禁となる特報では、夏の爽やかな湘南を舞台に、コトダマを信じる行合なぎさがラジオを始める。疾走感の中に、16歳の少女たちの友情や想いが詰まった青春まっしぐらな特報になっている。

映画『きみの声をとどけたい』特報

追加キャストに梶裕貴、鈴木達央、野沢雅子

主人公・行合なぎさの同級生の小動大悟役を梶裕貴、川袋将暉役を鈴木達央、そしてなぎさの祖母役を野沢雅子が担当することが明らかとなった。

■梶裕貴 (小動大悟役)のコメント
瑞々しい青春が詰まっている素敵な空気感の作品です。ヒロインのなぎさ役を演じられているのが現役高校生の役者さんということで、等身大ならではの魅力を感じました。僕が演じさせていただいた大悟は、そんななぎさと同級生ということもあり、僕自身フレッシュな気持ちで楽しみながらお芝居させていただきました。

■鈴木達央 (川袋将暉役)のコメント
今回は、「とにかく、そこで暮らしている空気を作って欲しい」との要望も相まって、作品の中に流れている空気感、街で暮らす人々の雰囲気を大事にしながら、声の中での普段の生活音というものに個人的には焦点を当てつつ、彼と向き合いました。主演の彼女らが初々しいこともあり、テイクを重ねることが多かったのですが、テイクを重ねるごとに湧き出す彼女らの新鮮な反応もとても助けになり、改めて「来た言葉に反応する」という事の大事さ、重要さに気付けました。

■野沢雅子 (なぎさの祖母役)のコメント
おじいちゃん、おばあちゃんの心の中は言葉の宝庫です。おばあちゃんの言葉で「言葉にはタマシイが宿っているんだよコトダマって言ってね」この一言だけでもこの作品を観て身体の中にずーとしまっておいて頂けたら嬉しいです。

劇場用オリジナルアニメーション『きみの声をとどけたい』は、2017年8月25日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開。各詳細は公式サイトにて。

(C)2017「きみの声をとどけたい」製作委員会

マイナビニュース・ホビー


こんな記事もよく読まれています

コメントを残す