【中国発】スマホゲーム連動のミニカーに新ビジネスを見た! – 日経テクノロジーオンライン



トイザらスでスマホ連動のミニカーを発見

 中国のトイザらスで「スマートトイコーナー」を見ていたところ、「AR飛車(AR RACING)」という名前のミニカーを発見した。パッケージによれば、福建藍帽子互動娯楽科技(BlueHat)というメーカーの、スマートフォンと連動しているAR(拡張現実)系のおもちゃらしい。同社のウェブサイトには、色とデザインが異なる4種類のAR飛車がラインアップされていたので、赤いミニカーを1台購入してみた。価格は99元(約1650円)。

 パッケージにはUSBメモリー程度のサイズのミニカー本体のほか、台座とmicro USBケーブルと取扱説明書が入っていた。台座は製品保護と、後述するアプリの登録用だ。本体のタイヤは車体と一体になっているため回転はしない、つまり転がして遊ぶことはできない。ちなみに、本体を持ち上げて傾けるとボディーの前のほうが白色に、後ろのほうが赤色に光る。

 取扱説明書には、AndroidおよびiOS用の専用アプリのダウンロード用2次元バーコードが記載されている。これを読み込んでアプリをインストール、起動した後、先述した台座にある2次元バーコードとミニカー本体をスキャンすれば準備完了だ。



ミニカー本体および付属品。取扱説明書は、中国製品としては分かりやすい部類

[画像のクリックで拡大表示]

アプリで本体をスキャンする。面白い試みだが、うまく認識されなくてイライラ

[画像のクリックで拡大表示]


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す