Androidでラジコン戦車をコントロール——「親子で電子工作入門 ラズパイとスマホでラジコン戦車を作ろう!」発刊 – fabcross



本書はRC戦車の作成を通じ、電子工作の基礎を学べる入門書だ。 戦車のコントロールには、Android OS用のスマートフォンアプリ「RasPiTank」を利用し、戦車に搭載されたRaspberry Pi 3をBLE接続で制御する。

全4章から構成。前半では、ギヤボックスやシャーシの組み立てから電子回路の作成、Raspberry Pi 3の搭載、SDカードによる制御プログラムのインストールなど、RC戦車の制御部を作成する。 後半では、RC戦車とスマートフォンのペアリング/コントロールのほか、加速度センサーによる車体傾き角度の計算や、速度や加速度の算出といった物理計算も行う。

章末のコラムでは、はんだ付けの方法や、ギヤ比やトルクなどに関する説明のほか、コンピューターやOS、センサーの仕組みなども解説する。この他、戦車の組み立てに必要なパーツを網羅した購入ガイドも付属する。

サポートページでは、Raspberry Pi 3に挿すSDカードメモリのイメージファイルや、コントロールアプリ(Android版)のソースファイルなどがダウンロードできる。著者によるサポートページでは、初期出荷版SDカードプログラムの修正方法なども公開している。

著者は山際伸一氏。B5判160ページで、価格は2000円(税別)だ。

同書の販売に関連し、ストリームテクノロジは同書用の工作キット(ST-TANK-KIT)を数量限定で販売する。Raspberry Pi 3の有無でラインアップを2つ用意し、非同梱版は1万6800円、同梱版は1万9800円(各税込)だ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す