母が息子の激レアカードを勝手に出品…ネット騒然 – livedoor

 先日、ヤフオクにトレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』の出品があり、ネットが騒然とした。

 出品したのは持ち主の母親らしく、商品説明の欄に「断捨離の為、片づけをしています。息子が引っ越しして残して行ったものですが。昔のカードなので傷、臭い、折れなどがある物もあるようです。ですが私が客観的にみて美品だと思います」との記載があった。

 出品されたカードの中には『ブラックロータス』という数十万の価格で取引されているものもあり、ネットでは「これ大丈夫なの? 親子の縁切られかねないブツなんだけど」などというコメントが集まった。

 結果、1000円で始まったオークションがなんと60万1000円で落札。しかし、11日の夜、出品者が「入札された方には大変申し訳ないことをいたしましたが、私自身そんなに価値があるものとは知らず出品してしまいました。先ほど息子から連絡が入り怒鳴られました。家族崩壊寸前で今回の出品は取りやめとさせていただきます」との報告をした。

(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中


こんな記事もよく読まれています

コメントを残す