タイトー、“伝説のクソゲー”「たけしの挑戦状」をスマホ向けに今夏配信




タイトー、“伝説のクソゲー”「たけしの挑戦状」をスマホ向けに今夏配信

2017年4月3日 17:15掲載

タイトーは、懐かしのレトロゲームをスマートフォン向けに提供する「タイトークラシックス」より、「たけしの挑戦状」などを配信すると発表した。現在同社が発表しているタイトルは、「TiMEGAL」「たけしの挑戦状」「RAYFORCE」「RAYSTORM」「RAYCRISIS」の5作品。

■「TiMEGAL」

1985年リリース。タイムマシンを強奪して、過去の世界へ逃亡した未来の大悪党ルーダを、歴史保安警察のエース「タイムギャル」ことレイカが過去の時代にさかのぼって、追跡していくアクションゲーム。移植にあたって新要素も追加するとのこと。近日配信予定。

■「たけしの挑戦状」

1986年リリース。ビートたけしさんが監修を手がけた、アクションアドベンチャーゲーム。主人公のサラリーマンが宝探しの冒険をするストーリーに、斬新な仕かけを多数盛り込んだ「伝説のクソゲー」。スマートフォン版では、追加コンテンツを携え、新たな姿となって登場するとのこと。今夏配信予定。

■「RAYFORCE」

1993年リリース。タイトーを代表するシューティングゲームとして、「ダライアス」と並ぶ人気を誇る「レイシリーズ」。ゲームコントローラー対応など、大幅にパワーアップして登場する。ZUNTATAによる新曲の追加も。今春配信予定。

■「RAYSTORM」

1996年リリース。「レイシリーズ」の第2弾。一度に大量の敵を破壊できるロックオンシステムの爽快さと、緻密な設定に裏打ちされた世界観によって、多くの熱狂的なファンを生んだ。ZUNTATAによる新曲の追加も。今春配信予定。

■「RAYCRISIS」

1998年リリース。「レイシリーズ」の第3弾。初のスマートフォン移植となる。前作からの追加要素として、浸食率システムなど、実験的要素を盛り込んでおり、さらに新要素を追加する予定。ZUNTATAによる新曲の追加も。今夏配信予定。

■関連リンク

タイトークラシックス ページ




関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク



こんな記事もよく読まれています



コメントを残す