カーオーディオ、進むスマホ連携 音声入力操作に魅力|MONO … – 日本経済新聞



 スマートフォン(スマホ)の普及に伴い、自動車内のエンターテインメントシステムが急速にスマホに接近している。

 アップルのiOSにはApple CarPlay、AndroidにはAndroid Autoというスマホとクルマのエンターテインメントシステムを連携する仕組みがある。両陣営とも自動車メーカーと組んで、スマホネーティブな環境を進めつつある。

 今回はApple CarPlay、Android Autoの両方に対応する車種をいち早くラインナップしているメーカー、アウディジャパンの田代友康プロダクトマーケティングマネージャーに話を伺いながら、実際の使い勝手を試した。

Audi A5 Coupe 2.0TFSI quattro sport

 なお車両はAudi A5 Coupe 2.0TFSI quattro sportを使用。全グレードでApple CarPlay、Android Autoに標準対応する。

野間:まずApple CarPlay、Android Autoの機能と、従来のアウディのクルマでオーディオやナビゲーションを司ってきたマルチメディアインターフェース(MMI)の違いについて教えてください。

田代氏(以下、田代):MMIは車両に搭載されているシステムでナビゲーションやオーディオなど、様々な機能を網羅しています。アウディユーザーにとっては慣れたインターフェースです。MMIにはインターネットに接続したサービスもあります。

 Apple CarPlayやAndroid Autoは慣れているスマホのインターフェースそのままで使えるのが特徴です。特にSiriなど音声認識を使ってナビゲーションやメッセージ送信できるのは強みです。

ステアリング上のボタンを押して、音声入力できる

 例えばナビゲーションを起動するにはステアリングに装備されたマイクボタンを押して音声認識インターフェースを起動し、「東京タワーに行く」と発話します。それだけで目的地がセットされ、アップルマップやグーグルマップを使ったナビゲーションが即座にスタートします。

アップルマップによるナビゲーション

グーグルマップによるナビゲーション

 メッセージ機能は同じく音声認識を使い、連絡先に登録したユーザーを指定、メッセージを音声認識で入力し送信します。また返信があった場合は同じく読み上げ機能を使いメッセージを聞くことが可能です。ドライバーは目線をディスプレーに移動することなく、安全にメッセージのやりとりができます。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す