7800円スマホの使い道は?小型で軽量「g06+」の実力 – ITpro



 みなさん、モバイルしていますか?

 スマートフォンは高機能化に伴い、ハイエンド端末が高価格になってきています。今や10万円超えの端末もあります。ノートPCの安い機種は数万円で販売されていますので、部分的にはスマートフォンとノートPCの価格が逆転しています。

 一方、スマートフォンのローエンド端末の価格は下がってきています。こうした低価格端末も機能は向上しており、結構“お買い得”な製品となっています。今回は低価格端末の中でも税別7800円と特に安い「gooのスマホg06+」を紹介します。

 g06+は、NTTレゾナントが2017年7月に発売したAndroidスマートフォンで、同社のオンラインストア「NTTコムストア by gooSimseller」で販売しています。

 このスマートフォンは「g06」のバージョンアップ版という位置づけです。とはいえ、4インチ(解像度は800×480)のディスプレイと、サイズ・重量(約126×63.2×10.8mm、約129g)は据え置かれています。NTTレゾナントは、この製品のプレスリリースで「スマートフォンが大型化する流れの中、4インチを求めるユーザーの声を多数いただいています」と説明しています。確かに、画面の大型化が進む現在、g06+は小さめの部類に入るでしょう。



g06+。ディスプレイは4インチ。サイズ約126×63.2×10.8mm、重量約129g

(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)

[画像のクリックで拡大表示]

OSは最新のAndroid 7.0を搭載

[画像のクリックで拡大表示]

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す