MacBookに今後Intelプロセッサが搭載されない可能性 – iPhone Mania



Apple II
 
Appleの半導体事業拡大が囁かれており、iPhone8に搭載されているA11 BionicなどのAシリーズのプロセッサに続いて、ARMベースのCPUをMacBook向けで独自開発する可能性が関係者の間でしきりに語られています。

Appleの半導体事業の拡大

Nikkei Asian Reviewによると、Appleは半導体事業のさらになる拡大を目指しており、MacBookシリーズのIntel製のCPUや、iPhoneに使用されているQualcommのモデムチップセットなどを独自開発する方向に動いているとのことです。

Appleの半導体関連企業の買収

領域 買収額(100万ドル) 契約年度
P.A. Sami モバイルコアプロセッサ 278 2008
Insrinsity モバイルコアプロセッサ N/A 2010
Anobit Technologies フラッシュメモリコントローラチップ N/A 2012
AuthenTec フィンガープリントチップ 393 2012
Passif Semiconductor 低電力ワイヤレスチップ N/A 2013
PrimeSense 3Dモーショントラッキングチップ 350 2013

薄くなるMacBook

近年のラップトップパソコンは、モバイル端末と同様に、よりパワフルでより薄くなる一方です。
 
「ノートパソコンは限りなく薄くなってきていて、モビリティとそれに伴うバッテリーの持ち時間の長さが求められている。ARMアーキテクチャは省電力で知られているし、すごく良い機会だと思う」とNikkei Asian Reviewに対しチップメーカーの執行役員は語っています。
 
iPhone Xの処理能力がMacBook Proを上回るなど、モバイルデバイスとラップトップパソコンの差がこれまでになく縮まりつつ中、今後のAppleの半導体事業に注目です。
 
 
Source:Nikkei Asian Review via TechRader
Photo:Apple II/Wikimedia
(lexi)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す