ジラフ、検品済スマホに特化したフリマサイト「スマホのマーケット」開設 – CNET Japan



 ジラフは10月12日、検品済携帯のフリマサイト「スマホのマーケット」をリリースした。

 スマホのマーケットは、iPhoneをはじめとした中古スマートフォンに特化した個人間売買のフリマサイト。出品者と購入者の間にジラフが介入し、スマートフォンの動作チェック、端末の除菌、購入端末に適合する格安SIMカードの購入申込み、修理補償などを提供する。出品者には、端末内のデータ削除などのオプションを提供する。オプション価格は、データ削除が1980円、動作保証は2980円、除菌クリーニングが480円。


格安SIMの購入申込みも可能

 利用料金については、登録料、システム利用料、決済手数料は無料。出品したスマートフォンが購入されると、手数料として商品価格の10%が発生する。売上金の振込手数料は270円だ。

 同サービスは、ジラフが提供する買取業者比較サイト「ヒカカク!」や修理業者比較サイト「最安修理.com」と連携。リユース市場のさらなる効率化を推進するとしている。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す