iPhone X、初回出荷はわずか2〜300万台?従来の数分の一、11月以降は改善 (KGI予測) – Engadget 日本版



アップル製品関連の予測で知られるKGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏によると、現在iPhone X生産のボトルネックになっているのはフレキシブルプリント基板(FPCB)の供給不足とのこと。Kuo氏はこれまでは、3D顔認証に用いるTrueDepthカメラのドットプロジェクターの歩留まりを指摘していたはずですが、今回は新たな主張を繰り出しています。

新たな報告では、特にアンテナFPCBの供給が、生産量に大きな影響を与えているとのこと。iPhone XのアンテナはiPhone 8よりも要求仕様が高く、特別な材料や製法、設計やプロセスが必要であり、そのため日本の村田製作所と台湾のCareer Techしか条件を満たせないとされています。

しかも、もともとアンテナFPCBは村田製作所が60%以上を生産する予定だったものの、2018年第2四半期までに部品生産量を向上させられる見込みがないため、現在はCareer Techが全面的に生産を受け持つことになりました。

さらにKuo氏は、デュアルカメラの部品生産にも問題があると指摘します。iPhone Xは広角用と望遠用で別々のFPCBを採用していますが、このうち広角レンズ側を取り扱うInterflexにもまた品質に関する問題があり、これが生産遅延の第2の要因になっているとのこと。

そして3番目の要因が、先にも指摘されていたTrueDepthカメラのドットプロジェクター。ようするに生産量が上向かない要因は全部で3つの部品生産に問題があるという分析です。

初期出荷台数の2〜300万台がどの程度少ないかを比較するために数字をあげると、たとえば2015年には、アップルはiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusを発売後3日間で1300万台以上販売したと発表していました。それでも、iPhone 6s /iPhone 6s Plusは1〜2ヶ月のあいだ品薄が続きました。出荷数と販売数は必ずしも一致しないものの、参考にはなるはずです。

Kuo氏は「生産増強は11月に入ってから」との見通しをもとに、2017年第4四半期のiPhone X出荷見積もりを以前の3000万台〜3500万台から2500万台〜3000万台へと下方修正しました。その後、2018年第1四半期には50%の生産量増加という急速な改善を見せるだろうと予測しています。

“果報は寝て待て”と言うように、iPhone Xの予約後は慌てず騒がずのんびりと連絡を待ったほうが良いかもしれません。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す