ロールス・ロイス、タブレット対応アプリ A350と787、エンジン状態把握 – Aviation Wire



 ロールス・ロイスは現地時間11月13日、エンジンの状態を把握できるタブレット端末向けアプリを発表した。パイロットと航空会社が使用することで、燃費の向上やCO2(二酸化炭素)排出量の削減に活用できる。

ロールス・ロイスが発表したアプリ(同社提供)

 対象となるエンジンは、エアバスA350 XWBに搭載するトレントXWBと、ボーイング787型機に搭載するトレント1000の2種類。アプリでは燃料消費量や運用状況、出力レベル情報などを閲覧できる。

 AndroidとiOS、Windowsの各プラットフォームのタブレットで利用できる。Android版は「Google Play」から、iOS版は「App Store」から、Windows版は「Microsoft Store」から入手できるが、利用にはロールス・ロイスの認証が必要となる。

 現在は2種類のエンジンのみに対応しているが、今後、A380向けのトレント900とA330向けのトレント700、A330neo向けのトレント7000に対応したアプリも公開する見込み。

関連リンク
Rolls-Royce
ロールス・ロイス

ロールス・ロイス、A350-1000エンジン認証取得 トレントXWB-97、欧州当局から(17年9月5日)
ロールス・ロイス、787新エンジンが認証取得 トレント1000TEN、欧州当局から(17年8月22日)
ANA、787のメキシコ用新エンジン公開 高地に対応(17年2月8日)
ANAの787エンジン不具合、ロールス・ロイスが改良型ブレード供給開始(17年1月27日)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す