ロシアの19歳美人女子大生、賞品の「iPhone X」目当てにバーでストリップをして退学処分に – TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)



オッパイを腕で隠しながらも、パンティ1枚の姿となったエフゲニアさん

【日刊サイゾーより】

 世界各国でアップル社のiPhone Xが発売され、さっそく落として画面を粉々にする人や、手に入れるために自らの肉体を捧げる女性が現れるなど(記事参照)、各地でさまざまな話題を振りまいている。

 ちなみにiPhoneの販売価格は国によって異なっており、SIMフリー版のiPhone X(64GB)の場合、本国アメリカでは999ドル(約11万3,500円)、日本では12万1,824円(税込)のところ、ロシアでは1,390ドル(約15万7,900円)と、特に高額に設定されている。

 そのロシアで、事件は起こった。19歳の女子大生が、バーで開かれたiPhone Xが賞品となっているコンテストでストリップを披露。だが、iPhone Xをゲットできなかっただけではなく、それを知った大学側から退学処分を受けていたと、イギリスのタブロイド紙「メトロ」が伝えている。

 場所はロシア中南部、カザフスタンとの国境にあるチェリャビンスク州のトロイツクという街。そこにあるナイトクラブで、iPhone Xが賞品となったコンテストが開かれた。

 どのような内容のコンテストだったのかは報道されていないが、そこに19歳の女子大生・エフゲニアさんが参加し、舞台の上で上半身裸の姿になった。

 司会者がはやし立てると、エフゲニアさんはパンティまで脱ぎ始めた。慌てた司会者が彼女の正面に回り込み、全裸姿が客に見られないよう立ちはだかったものの、完全には隠しきれなかったものみられる。

映像でははっきり見えないが、一気にパンティも脱いでいるシーン

 結局、エフゲニアさんは優勝を逃したためiPhone Xをゲットできず、代わりに安いスマホを賞品として受け取ったという。だがそのスマホも、同夜のうちに誰かに盗まれてしまったらしい。

 エフゲニアさんにとっては踏んだり蹴ったりの夜だったが、その後に、さらなる悪夢が待っていた。この時の模様がほかの客によって動画撮影されており、ネットにアップされていたのだ。

 それにより、エフゲニアさんが通っていた大学の関係者の知るところとなり、問題視されたため、大学から退学処分を受ける結果となってしまった。

 その後、エフゲニアさんは、世間の目を嫌って雲隠れしているという。

 ナイトクラブでお酒が入った状態での「若気の至り」だけに、大学側も、もう少し寛大な処分にとどめることはできなかったものか……。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す