イズミ/タブレット付きショッピングカート導入 – 流通ニュース



イズミとマーケティング・グラビティは11月10日、イズミのショッピングセンター「LECT(レクト、広島県広島市)」、「ゆめタウン廿日市(広島県廿日市市)で、マーケティング・グラビティが運営するタブレット付きショッピングカート「ショピモ」のサービス提供を開始した。

<利用イメージ>
利用イメージ

ショピモは、ショッピングカートに取り付けたタブレット端末画面で、ショピモ限定のクーポン、ゲーム、店舗オススメ情報、店内マップ、レジ待ちアンケートなどのコンテンツを、来店客に配信し、便利で楽しく、お得な新しい買い物体験を提供する。

サービス利用には、ゆめカードを使い簡単にログインが可能で、ショピモのクーポンを利用して獲得したポイントは、ゆめカード値引積立額として付与する。

店内にビーコンを設置することで、的確なタイミングで情報を表示したり、店内でお買い物中に「デジタルスタンプラリー」を楽しめる。

今後、ゆめタウン徳山(2017年11月24日導入予定)、ゆめマートさが(2018年1月26日導入予定)での導入を予定している。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す